今宮神社 あぶり餅

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 門前菓子 味噌だれ のお菓子

今宮神社 あぶり餅

温泉
イメージです

温泉で出会った京都好きのオバサマ

寒くなりましたね。昨日、近場の温泉にいったところ、京都フリークのおば様と仲良くなり、美味しそうなお話がうかがえました。

オバサマ
「最近は、紅葉はどこも人がいっぱいやね。もう、京都で静かに紅葉見れるとこないんじゃないかな〜。あきらめて、早々に、今宮神社であぶり餅食べてきたわ〜」

ワタクシ
「おお!あぶり餅!あのうわさの!どんなお菓子なんですか?」

オバサマ
「知らないの〜?今宮神社の前の店で、名物のおばあちゃんが焼いてくれはるんやで〜。めちゃめちゃ美味しいねん。」

ワタクシ
今宮神社の門前菓子なんですね」

オバサマ
「うん、15本で500円くらいなんやけど、1本についてるお餅の大きさがな、この、親指くらいの大きさしかないのよ。だから、15本でも普通のお餅1個分あるかないかくらいやろうね。だから、ペロリと食べてしまう。

今宮神社の門前菓子 あぶり餅

お餅に黄な粉をまぶして、それを炭火で焼くねん。黄な粉の上から焼くねん。それがいいねん。こんがりと、焼き色がつくまで焼いてくれはる。で、それに白味噌のタレをかけてくれはる。それを食べると、香ばしくてもう、たまらん。餅は薪でもち米を蒸してるらしいで。

あぶり餅はね、厄病よけの願いがこめられてんねん。使ってる竹串は、神社の神事で使ったもんで、そりゃ、ありがたいんや。食べると無病息災やで。

本物の舞妓さんに会えるかも?

ワタクシ
「ところで、今宮神社は、どういう場所なんでしょうか」

オバサマ
「西陣にある、無病息災の祭りのやすらい祭りの神社やね。まあ、学問とか芸術の神様かな。そのあたりでは、昼間いくと、ホントの舞妓さんに会えるかもしれへんで。化粧をしてない、これから、芸事を習いにいくホントの舞妓さん。ところで、昼間に舞妓さんの格好してるのは、偽者やからな。覚えとき」

参道の名物

今宮神社の前にある、長保2年(1000)創業の茶店で食べられる門前菓子、あぶり餅。2軒の茶店があり、名物のおばあさんが、参道で、備長炭で餅をあぶっているのが見られるのだそうです。なんでも、この茶店、京都で最も古い茶店だとか。

家でも食べれます

実際に行って食べたいものですが、持ち帰りもあり、お友達にもお土産にできます。また、鎰良光(かぎよしみつ)さんからも、お家で楽しめる「あぶり餅セット」が販売されています。


powerd by 楽-yah
2006年12月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス