北野天満宮の門前菓子 粟餅(あわもち)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 粟餅(あわもち) 北野天満宮 のお菓子

粟餅(あわもち)

粟餅
イメージです

天神さんの門前菓子

学問の神様、菅原道真を祀る、北野天満宮の門前菓子として、長五郎餅と、 この「粟餅(あわもち)」があります。 このお菓子は、室町時代に出来たもので、とても歴史があります。

昔から大人気

室町時代に 材料費の節約で粟を使ったのが、大評判になり、 たちまち、人気になりました。 (昔は粟の方が安かったのですね) これが京都北野天満宮の門前菓子の栗餅のはじまりです。

『毛吹草』(江戸時代の俳句に関する解説書みたいなもの)には、 「茶屋の粟餅」として 紹介されています。 『京童(きょうわらべ)』(中川 喜雲, 1636-1705)では 「粟のもちいは北野の名物」なり

と記されて、門前菓子として、 人々の舌を楽しませた事がわかります。

ぽたぽた、ぷつぷつ、懐かしい!

現在では、北野天満宮前の老舗の茶屋で食べることができます。

漉し餡のお餅が3個、きな粉の餅が2個出てきます。ポタポタと柔らかいお餅の、 粟独特のプツプツした感覚。美味しさの秘密は、 注文が出てから、作り始めるということにあります。 作り置きは一切ありません。ほかほかの栗餅を丸め、 その場で餡と黄粉をつけてくれるという新鮮さ。穀物の懐かしい香りがぷ〜んとします。 いずれも甘さ控えめで、上品なのにリッチな味わいです。

さあ、天神さんで食べよう!

昔は、粟といえば、困窮な時の食べ物とされていましたが、 今は、粟のヘルシーさが人気で、高騰してしまいました。 それでも、昔と変わらない、門前菓子が見られるのは京都ならでは。

毎月25日の天神さんの日には、長蛇の列が出来るほどの賑わいです。


こんなお菓子を食べてみた!

2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス