涅槃会の「花供僧(はなくそ)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 豆菓子 仏事 のお菓子

涅槃会の「花供僧(はなくそ)」

花供僧
イメージです

3月15日の涅槃会

三月十五日は、涅槃会(ねはんえ)が行われる日です。(実際は旧暦二月十五日)この日は、お釈迦さまの亡くなられた日。日本や、中国で法要が行われます。

このお菓子は、この涅槃会のお供え菓子です。京都の各家庭で作られてきました。あられや煎り豆を砂糖蜜でまぶしてある、素朴な味わいです。

え、このお菓子の名前は…。

しかし、このお菓子の名前、なんと、

「はなくそ」

というのです!びっくり!お菓子の名前に鼻くそなんて〜。でも、このハナクソ、我々の不浄なハナクソとは訳が違うのです。実は、お釈迦様のハナクソなんですね。正式には、「花供僧」と書いて、「はなくそ」と呼びます。「花を供した僧」と書いてハナクソなんて、おしゃれなんだか、分からない当て字ですね。でも、微笑ましくて、笑ってしまいます。

真如堂で授与されます

この「お釈迦さんの鼻くそ」。左京区の、真如堂で行われる涅槃会でもいただけるとの事。貰いに行きたいですね。もちろん、お菓子目当てだけでなく、法要もちゃんと聞きましょうね、私♪


powerd by 楽-yah
2006年12月21日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス