亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子を食べてみた!

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 団子(だんご) みたらしだんご

亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)を食べてみた!

亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)

下賀茂神社の門前菓子 元祖みたらし団子

亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)今年の葵祭(あおいまつり)は、お天気に恵まれたようですね。

葵祭の舞台になった糺の森(ただすのもり)。下鴨神社。

そこの名物菓子、加茂みたらしです。

名物茶屋、「亀屋粟義(かめやあわよし)」さんでいただけます。

この店のこのお菓子こそ、みたらし団子の始祖、発祥であるといわれています。

亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)私は、催事で、ゲットしました。ホカホカの温かいのです。

紐から、竹の皮から、非常に凝ったつくり。こういうのを見たり、ほどいたりするのも、京都のお菓子の醍醐味だといえます。

加茂みたらしだんごとは?

亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)加茂みたらしの由来が書いてある紙。

この真っ赤な紙がなんともオシャレですね。

内容は、後醍醐天皇に献上したとかなんとか。

そして、”秀吉の北野茶会でも出され、そこから、このお店がはじまった”というようなことが書いてある。

またもや、秀吉!ここにも秀吉!恐るべし!京菓子の陰のドン、秀吉!

頭が離れている

亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)どうです?

美味しそうでしょ?

変なことに気がつきませんか?

そう、団子の一番上だけが、間があいているんです。

これは、人の頭を模したものだといわれています。

食べてみた

亀屋粟義(かめやあわよし)「加茂みたらし」団子(だんご)人型を模している。とはいえ、これ、離れているのは、一つ目が食べやすい、という意味もあるのでは?なんて思ってしまいました。

最初の一口から、とりこになる味。

オーソドックスなのに丁寧な味なんです。

タレが甘辛、たっぷり。滑らかな雑味のない味。団子がこぶり。こげが香ばしいけど、うるさくない。

この非常に繊細な感じ。やはり、関東で食べた団子とは全く違います。奥がふか〜い、しっとりした味わいです。

そして、団子がモタついていないのが素晴らしい。(普通、みたらし団子って、べたべたネッチョリしてますよね?)これは、団子の切れがよい。そして、タレ餡が団子に繊細にからみついているのがいい。


2007年5月16日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス