唐板(からいた)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 焼き菓子 煎餅 のお菓子

唐板(からいた)

唐板
イメージです

本当に応仁の乱は、先の戦(いくさ)だった!

京都人について、面白おかしく語る時、 「京都の人は、前の戦争(通常、第二次世界大戦)について話す時、応仁の乱の事をいうんだって」という話があります。 その話を聞いたとき、嘘だあ、と笑いましたが、どうやら、本当にそうらしい、 という話もチラホラ。実際、応仁の乱で、京都は本当の本当にひどい焼け野原になって、 歴史の深い京都の老舗関係の人々には、笑い話ではないらしいです。

吉備真備(きびのまきび)が唐から…

御霊神社は、平安遷都の年、(794年 なくよ鶯…)桓武天皇が死んだ弟のために、作った神社です。 他も、天変地異や非業の死を遂げた人物が祀られています。 その中の一人、奈良時代の貴族、吉備真備(きびのまきび)が唐から持ち帰ったのが、 「唐板(からいた)」というお菓子。 貞観5年(865)清和天皇が、神泉苑で御霊絵(ごりょうえ) (悪霊疫病退散の厄払いの儀式)を行なった時(これが、祇園祭の起源といわれています)、 疫病よけとして「唐板(からいた)」が配られました。

応仁の乱の後に…

後、1467年(応仁元) - 1477年(文明9)応仁の乱が勃発。 なんと、この御霊神社で応仁の乱の火蓋が切られたのです。京都中が焼け野原になった戦乱の後、 1477年、京都復興への願いをこめ、この境内に茶店が建てられ、 「唐板煎餅(からいたせんべい)」が復元されました。そのお店が、現代でも、御霊神社前で、唐板を作り続けているのです。

パリンとした歯ごたえ 不思議なまだら模様

京都では、知らない人がいないほどの門前菓子です。小麦粉と砂糖を使った焼き菓子です。 パリンとした歯ごたえが素朴な小麦粉の味わいです。焼け野原になった京の都の復活を祈るような、 お店の初代店主と京都の人々の心が伝わってくるような、優しい甘さです。 また、焼き色が変わっていて、非常に不思議なまだら模様。 手作りのため、同じ柄はひとつも出来ないのだとか。

唐板屋さん

明治維新前までは、皇室に皇子が参詣し、必ずこの「唐板煎餅」をお買い上げになったとの事。 現在は、京都では、茶人をはじめ、多くの人々に御霊神社の名物、門前菓子として、 「唐板屋さん」と呼ばれ愛されています。


2006年11月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス