愛宕神社 門前菓子 「志んこ」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい しんこ 志んこ のお菓子

愛宕神社 門前菓子 「志んこ」

京都の和菓子☆ドットコム
イメージです

あのお札はどこで貰えるの?

京都の飲食店等のお店に入ると必ず目にする「火迺要慎」というお札。これ、(ひのようじん)と読むのだそうです。京都の家庭では必ず貼られています。

このお札は、京都右京区の愛宕神社でもらえるものです。 京都のサスペンスドラマなどでは、わざとらしく、さりげなく、貼られている光景が映されるので、見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

愛宕神社 千日詣とは?

愛宕神社は、火の神様が祀られています。

よく、職場の友人が

「愛宕さんの千日詣、いってきて、夜通し歩いて疲れたわ〜」
と言っていました。

この千日詣とは、夏に行われる 行事で、7月31日夜から8月1日朝にかけて愛宕さんに参拝すると千日分の火の用心のご利益があるというもの。

なんでも、2時間くらいかけて昇るんだそうです。標高924mの愛宕山。往復4時間…。もちろん、参拝とかするので、ほぼ一晩中ですね。はあ〜京都人ってすごいですね…。火の用心のために、徹夜で、山登りとは。

愛宕神社の門前菓子

毎年数万人にものぼる、この千日詣。この参拝客を元気付けようとはじまった門前菓子に「志んこ」があります。この「志んこ」を出す愛宕神社近くの茶屋は創業400年にもなるといいます。この愛宕山参拝がいかに古くから京都の人々に根付いているかがうかがえます。

白、抹茶、ニッキの三種類のしんこですが、キナコと黒砂糖をまぶして食べるもの。米の粉を山の清水で練って作られます。形はひねった棒のようになっています。おくどさん(かまど)の薪で蒸しあげてあり、食べると腹持ちのいい、甘さで、力が湧いてくるようなお菓子です。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2006年12月記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス