有平糖(あるへいとう)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都の砂糖菓子・細工菓子 飴菓子

有平糖(あるへいとう)とは?

有平糖(あるへいとう)
イメージです

南蛮菓子のひとつ

有平糖(あるへいとう)とは、砂糖で作る飴の一種。何故こんな名前なのかというと、ポルトガル語のALFELOA(アルフェロア)が訛ったものだから。この言葉の意味は砂糖。有平糖(あるへいとう)は、安土桃山時代に伝わった、カステラのような南蛮菓子のひとつで、「阿留平糖」という当て字が使われていたそうです。江戸時代、砂糖が多く出回るようになり、現在のような美しい意匠のものに変わったということです。

どのように作るのか

砂糖と水、水飴を煮詰めて作ります。配合や、煮詰め加減が難しく、熟練の職人さんによって作られます。行事、季節によってその意匠や味は変わります。飴の生地は、すぐ固まってしまうので、すばやく作らなければなりません。温度や気候を考慮しながら、すばやく、飴を伸ばしたり練ったりして、美しい工芸菓子が作り上げられます。

お茶席では、飴を噛む音がしないように、砂糖の配合が多い物、店売りのための物は美しく光沢がつけたものが作られます。

美しい細工

組紐やリボンのような形、流れる水のような形、平安貴族の着物を模したような形など、ためいきの出るような美しいお菓子です。

また、京都、妙心寺の供餞菓子として、作られる「宇賀神(うがじん)」は、紅白の有平糖が円錐状にとぐろを巻いていて、これが本当に和菓子なの?と言いたくなるPOPな美しさ。これは、蛇をイメージしているということです。


powerd by 楽-yah
2007年1月11日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス