「ぼうろ」とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい ぼーろ ボウロ のお菓子

「ぼうろ」とは?

ポルトガル語が起源

ぼうろ、ぼーろ、ボウロ」とは、元々、ポルトガル語で菓子全般を指すものでした。

ぼうろ
イメージです

語源は、「カステリィーヤ・ボーロ」。この意味は、カステリィーヤという国のお菓子、ということ。しかし、こんな長ったらしい言葉、当時の日本人が覚えられるわけがない。

カステリィーヤは、「かすていら」として、スポンジケーキに。

ボーロは、焼き菓子という風にバラバラな名詞になってしまった。丸ぼうろは、ライバスというビスケットが元となっているともいいます。

江戸時代にはボーロは完成

江戸時代の初期には、京都で「花ぼうる、丸ぼうる」の名前が登場します。

クッキーはあっという間に長崎から日本中に伝播しました。鎖国のかいは全くありませんね(笑)今の政治と同じです。

日本式に姿を変えたぼうろ。今日では、玉子を使った丸い焼き菓子ということになっています。大きさは、様々、手の平のように大きいものから、一口サイズの小さいものまで。

いろいろなボーロ

長崎を中心に南蛮菓子が発展しました。

なので、現在でも、南蛮菓子は九州に名店が多いようです。大きな丸いサイズのボウロは、丸ぼうろ。現在では、佐賀の名物になっています。京都三条の寛永堂(かんえいどう)は、九州発祥のお店。なので、現在でも丸ボウロが販売されています。

また、沖縄の「花ぼうろ」は、紋様の形をしています。これは、昔の形を一番とどめているといわれています。

ぼうろ「ぼうろ」全般については、京都名物のものが多いようです。和菓子の解説書にも、ぼうろは、京都土産だと書いてあるものも少なくありません。蕎麦ボウロはもちろんそうですし、カタクリ粉のみで作る「衛生ボーロ」。これも京都の石田老舗などの古い由緒正しいお菓子です。

大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「玉子ぼうろ」は、手捻りの自然な形で、愛らしい素朴なもの。

丸い愛らしい形が、京都という地にあっているんでしょうか?


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年8月22日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス