鶏卵素麺(けいらんそうめん)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 卵黄 ポルトガル南蛮菓子

鶏卵素麺(けいらんそうめん)とは?

鶏卵素麺(けいらんそうめん)
イメージです

鶏卵素麺(けいらんそうめん)の作り方

この不思議な糸のような黄色いお菓子、鶏卵素麺(けいらんそうめん)といいます。ポルトガルから伝わった南蛮菓子です。

卵黄を溶いて、じょうろの様な穴から流します。流す場所は、なんと、熱々に熱した砂糖蜜の中!すのこで余分な蜜を切って出来上がりです。卵黄と蜜の強烈な風味。栄養価が高いお菓子です。

まずは、長崎から

現在でも、ポルトガルに同じ菓子があり、Fios de ovos(フィオス・デ・オヴォシュ)というもの。1673年、博多の菓子屋「松屋」の初代が、長崎で中国人から教わったといいます。

大坂、東京でも作られている、この鶏卵素麺(けいらんそうめん)。地域により、味が違います。製法は、各店の秘伝なんだとか。

京都の鶏卵素麺(けいらんそうめん)処

京都では、鶴屋鶴寿庵(つるやかくじゅあん)という老舗が作っています。この店は、新撰組ゆかりのある土地で有名です。

糸状の鮮やかな黄色の、京都の鶏卵素麺(けいらんそうめん)。素朴ながら香りたかい味わいです。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年3月2日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス