金平糖(こんぺいとう・コンペイトウ)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 金平糖 こんぺいとう のお菓子

金平糖 こんぺいとう

金平糖
イメージです

安土・桃山時代に伝わった南蛮菓子

金平糖は、安土、桃山時代に伝わった南蛮菓子。京都には、スゴイ金平糖があります。

ドラマ「信長の棺」で、金平糖は宝石のように大事にされていました。 16世紀、宣教師、ルイス・フロイスが織田信長に献上した金平糖。本当は、コンフェイトス・コンフェットという名前だそうです。 舌を噛みそうですね。当時、製造法は一切秘密でした。

正に職人技!

金平糖は、暑さ30度〜50度(!)にもなる室内で作られます。 金平糖の核(中心)となるのは、イラ粉と呼ばれるもの。餅米を細かく砕いた0.5ミリの小さなものです。これを回転する釜に入れ、蜜を少しずつ振り掛けては乾燥させます。

これは気の遠くなるような作業です。なぜなら、1日に1ミリ以下の大きさにならないから。 温度、湿度を見極めながら1週間〜から2週間かけて作り上げられます。

金平糖は、 このような、大変な作業で作られるのです。

すべて自然素材のスゴイ金平糖の老舗

京都の今出川にある、江戸時代からの、老舗、「緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)」さんは、この製法で金平糖を作っています。

日本でただ一軒の金平糖専門店との事。

金平糖って普通、香料と着色料の入った甘ったるい子供向けのイメージですよね。しかし、このお店は、その常識を覆し、全て天然素材による製造をしているのです。

私も一度いただきましたが、「これが本物の金平糖だ!」というようなビックリする味です。

素材の味、自然な香りがする、素晴らしい味わいです。種類は50種類ほどあり、 なんと、ブランデー味もあるんだそうです。

ヤワラちゃんの引き出物

結婚のお祝い菓子としても用いられる金平糖、 オリンピックのメダリストの谷亮子さんが、このお店の金平糖を引き出物にしたのは 有名な話。

キラキラした、南蛮菓子、金平糖を、プレゼントするのも オシャレです。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2006年11月14日記 | 2007年3月6日加筆補足


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス