京飴(きょうあめ)とは?

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都の飴(あめ) 祇園の飴

京飴(きょうあめ)とは?

京飴
イメージです

京都の飴の特徴

ピンクや、紫、琥珀色に、抹茶色…。キラキラした、カラフルな宝石のような愛らしさ…。まるで舞妓さんが手にとって遊んでいたかのような風情。口に入れると、ドロップとは違う、上品な味と和の飴特有のジワッとした自然な甘さが口一杯に広がります。

それが京都の飴、いわゆる「京飴(きょうあめ)」といわれるものの特長です。

京飴の起源

室町時代の後期、ポルトガル人が、日本に白砂糖を伝えて、現在のような、キャンデーといわれる飴が発展しました。昔からある麦芽糖という素朴な味の水飴と、砂糖を煮詰めて製造する飴があります。京都の飴はこの二つの技法を用いつつ、美しいカラフルなものになりました。

カラフルな上に味も多彩

京飴の専門店が京都には沢山あり、観光客や、京都人に愛されています。味も現在は、京都らしい工夫されたものが多く、ニッキ味、抹茶味、胡麻味、京野菜など…。包装に千代紙等の和紙を用いている店もあるので、プレゼントにも好まれています。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽や


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス