蕎麦ぼうろ(そばぼうろ)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 蕎麦ほうる 焼き菓子

蕎麦ぼうろ(そばぼうろ)

蕎麦ぼうろ
イメージです

蕎麦ぼうろとは

和製クッキーとして日本人にはおなじみのこのお菓子。「蕎麦ぼうろ」を「そばぼーろ」「蕎麦ほうる」と表記する老舗もあります。元々は、安土桃山時代にポルトガルやオランダから渡来した、南蛮菓渡来の焼き菓子の事ですが、それが、そば粉を使って作られるようになりました。

気軽に食べられる、知名度の高い京都のお菓子のひとつです。

語源と起源

このお菓子は、室町時代、外国の宣教師が布教のために、配った「ボーロ」が始まり。意味は、小麦粉と砂糖や卵の焼き菓子(つまり、クッキーや、ビスケットですね)です。特定の呼び名ではなかったのですが、17世紀には、丸く焼いた菓子を「ほうる」とか呼ぶようになり、日本人好みの味に変化していきました。

現在の形は、明治以降

明治の末に、京都の「河道屋」という蕎麦屋が、そば粉を、ぼうろに加え、梅型に焼いたものを売り出し、現在の蕎麦ぼうろを作り上げました。それから、次々と、色々な蕎麦屋が「蕎麦ぼうろ」をはじめ、「蕎麦板」「蕎麦饅頭」等のそば菓子を作り、京名物となっていきました。

素朴な美味しさ

パリッと堅めに焼かれた、蕎麦ぼうろは、さくさくとした歯ごたえと蕎麦の風味が香ばしく、食べ始めると止まらない、という方も多いようです。

何故か全て梅の形をしているのが特徴です。梅型に切り取ったあとの、真ん中の丸いのも人気があり、これだけが集められて売っている商品は、隠れた人気商品となっています。

松葉ステッィク状のもあり、こちらは、梅型に比べ砂糖が控えめな味のものが多く「そばきり」「松葉」とも呼ばれています。

そばぼうろの形は、元々丸いものではなく、大極殿本舗(だいごくでんほんぽ)の「松葉」のような松の形であったという説もあります。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年1月11日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス