十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都土産 有名和菓子店 のお菓子

十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた

十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた

五色豆は、昔から京都土産の定番

十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」。

五色豆って、ひょっとして初めて食べるかも。とっても有名なのにね。

小学生のときに食べてるかもしれない。修学旅行は京都だったし。

その時、新京極で、お約束の八つ橋と五色豆を買った気がします。こういういかにも「ホンモノ」ぽいのでない。もっとギラギラしたのを買った記憶があるんです。

でも、全然、味、覚えてないです。食べたかどうかも記憶にない。

十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた

十六五(とうろくご)。五色豆と甘納豆で有名な祇園のお店です。清潔で美しい店舗が実に京都らしい。ただし書きには、どれも天然の味つけだと書いてあります。

自然でおいしそう!

十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみたギラギラしてない。

いかにも自然で美味しそうな色あいです。

(黄は、少々キツイ色のような気がしますが…)

形もボコボコとしてかわいいです。

十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた大きいですねえ。

手に載せるとこんな感じ。

中には、お豆さん

十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみたかたいです。かなり。割ると、豆が入ってます。

五色豆は、今でも京都土産の定番のひとつです。が、この固さが、最近、京都土産王者の座を生八ツ橋に奪われている原因のひとつかもしれません。いまどきの子は、そう固い菓子は好きではないし。五色、という、おめでたさの意味を喜ぶ時代ではないですしね。

噛んで食べるのではなく、口の中でゆっくりとかして、食べるほうがおいしいみたい。

ゆるゆるじんわ〜り。ほんのり甘い風味を味わってると、香ばしい豆がポリン。

それぞれ、食べてみました

十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた十六五(とうろくご)「五色豆(ごしきまめ)」を食べてみた赤は梅、黄はゆず、茶はニッキ、緑は青のり味。

青のりはけっこう、風味がわかりやすい。他は、イマイチ、味の個性がわかりにくいような…。

噛むとわからない。でも口の中でころがしていると、じ〜わじ〜わ、風味がします。

最初は、イマイチかなあ、と思ってました。が、食べなれてくると、なかなか、いいお茶菓子だなあ、と思いました。

素朴でいい。ほっとします。

2007年12月17日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス