大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 鎌餅(かまもち)とは? 豊作の祝い菓子

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)

江戸時代より歴史あるお菓子

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)京都 鞍馬街道(くらまかいどう)の入り口である鞍馬口(くらまぐち)。

江戸時代より、この鎌餅(かまもち)が有名。

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)の代表銘菓です。

稲を刈る鎌の形を模しているんですって。

「へぎ」とは

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)百貨店の1個売りを買ったのです。

しかし、ナイロンに包装されず、”へぎ”という包みごと、紙袋に入れられていた。ちょいと、不安に。だって、開封したら、巻いてあるはずの”へぎ”が半分とれかけていたのだもの…。私も持ち歩きの時間が長かったし…。

とはいえ、餅は触ってみたら、乾燥していない。しっとり、むっちり。

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)そういうものなのかしら?とはいえ、ナイロンだと蒸れるンだろうし、難しいところです。

実は、今回、買うにあたって、この”へぎ”という包みが楽しみだったのです。

”へぎ”とは、剥ぐ(へぐ)がなまった言葉。

白木を薄く削り取って紙状にしたものです。「へぎそば」などの器も「へぎ」と言うそうです。

切ってみた

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)餡が白い餅に透けて見える。そして、杉の香りのする「へぎ」。

そのコントラストが素朴でキレイ。

求肥?餅?

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)羽二重餅(はぶたえもち)のような、柔らかさ。

求肥(ぎゅうひ)にも近いような気がします。

濃い色と濃い味の漉し餡は、黒糖風味。

シンプルな味の印象を受けました。

賞味期限が次の日までだった。なので、買ってきたその日に食べず、次の日に食べました。そのせいか、ちょっと歯ごたえが単調な気が…。残念。その日に食べればよかった…。

こういうのって、出来立ての新鮮さが命だったりしますよね。私も夏に一日紙袋を持ち歩いたりしたし…(←たぶん、これが一番の原因)反省。次回は、できたてを食べてみたいです。

のびる、弾力のある餅。

大黒屋鎌餅本舗(だいこくやかまもちほんぽ)かなり伸びて、ムチムチする餅。

ほどよい甘さの餡がトロリと口に入ります。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「うみゃい。おれ、これ、好き」との事です。


2007年8月14日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス