一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい まるごとおめざ 緑茶てぃらみす のお菓子

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」

京都の和洋折衷スイーツとは

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」あの、はなまるマーケットでも取り上げられた、人気スイーツ。

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」

豆乳のケーキなんですって。和洋折衷の京菓子ってやつです。

牛の柄のような、包装、面白いですねえ。墨で文字が書いてあるらしい。でも達筆すぎて、読めない(笑)

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」和洋折衷スイーツ。たとえば、クリーム大福とか、最近、食指が動かなかった。大福があまり好きじゃないのもあるけど。時間をかけて企画してない一過性の「はやりもの」のような印象があって。キワモノと創作菓子の境界って、やはり完成度ではないかと。

京都人は新しもの好き。ですが、完成度に対しては、保守を貫いているのでは?ブルーベリー餅とかも、かなり時間をかけて企画されたものだと思います。

あと、京都には、八ツ橋がある。キッチュなフレーバーを使った一過性の流行りものの遊び。それは、八ツ橋市場がひきうけてくれているような気がします。

モダンでいて、日本的な美しさ

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」この「絹ごし緑茶てぃらみす」も、一歩間違えば、キワモノになりかねない。

しかし、買う価値がありそう、と思いました。そのわけは、デザイン

ちょっと京都の寺の庭のような、抽象性があるでしょ?竜安寺の石庭みたいなのから想を得たのではないでしょうか。

非常に哲学的で美しいと思うのです。クリームの白さが、寺院につもった雪のよう。モダンなのに京都そのもの。

きってみた

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」見た目が非常に繊細。

なので、包丁が入るかと心配しました。

が、スッキリ切れます。

食べてみました

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」層になっているスポンジ部分

緑茶ケーキは、かの有名な、柳桜園の抹茶を使用!とな。

上に載っているのは、黒豆とか、うぐいす豆とか。

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」

(=^_^=)いただきまふ〜ん♪

コクがあるのにさっぱり!

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」(^▽^)おお!

なかなか、

なかなか、おいしいではないですか!

豆とケーキのバランスがよい

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」緑茶味もいい風味。

しかし、苦くはない。なので、お子様にもよろしいのでは。

(´ー`) 不思議なしっとり感。

それは、西洋ケーキのバターとは一味違うような。

コクがあるのにサッパリしてる。

これが、豆乳の威力というやつ?あと、ティラミスだから、チーズ味なんでしょうね。きっと。チーズ味がわかるような、わからんような?

食べたことのない、クリーム

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」とろん

この部分は、動物性の生クリーム。

が、このフワリンとしたゆる〜い、甘やかな優しさ。

絹ごし、と名づけただけある、キメの細かさ。

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」豆の食感もなかなか。ちゃんと甘納豆。

優しい、素朴さ。

洗練されたクリームとケーキ。

豆のホクホク感とのバランスがよろしい。

材料表

一乗寺中谷(いちじょうじなかたに)「絹ごし緑茶てぃらみす」いったい、これは、どういうお菓子なん?

と思い、あらためて、材料表を見てみました。

すると、わけのわからない、和洋混在の材料の数々(笑)。

牛乳、生クリーム、豆乳、は理解できますが、

手亡豆(白あん)←どこに白餡が?!

シナモンパウダーは、一体どこに使用してあるんでしょう?また、玄米茶っていうのは、どこに?隠し味になってるんでしょうか…?

全然、わからん!
ヽ(  ̄д ̄;)ノ

色々色々、工夫して、混ぜたり、焼いたり、配合したりして、このお菓子が企画され、商品化されたのですね。職人の意地と技術が、この細かい、材料表からもうかがえます。

完成度は、高レベル!食後も胃がそう、もたれない。西洋ケーキだとこうはいかないでしょう。手のこんだ印象でした。京都和洋折衷スイーツのベストといってもいいかもしれません。

摩訶不思議ですが、乙女心をくすぐる美味しさ。やはり、はなまる!

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「…??おいしいけど…。なにがしたいのか、よくわからん。テレビ小説どんど晴れで言えば、おもてなしの心をもってした全館建替え高級リゾートホテル?」との事です。


2007年9月11日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス