亀屋清永(かめやきよなが)清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 神饌菓子 清浄歓喜団(せいじょうかんきだん) のお菓子

亀屋清永(かめやきよなが)清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)

亀屋清永(かめやきよなが)清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)

いきなり大画面ですいません

亀屋清永(かめやきよなが)清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)いきなり大きな画像ですいません。

この迫力を伝えたかったものですから…

亀屋清永(かめやきよなが)さんの「清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)」というお菓子です。

別名「聖天さん(しょうてんさん)」ともいうのですって。

清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)って何?という方はこちらをどうぞ

1000年以上の歴史のある、供饌菓子(ぐせんがし)なんです。供饌菓子(ぐせんがし)とは、神様にささげるお菓子のこと。

聖天という仏様にお供えするものですが、お店でも買うことができます。

それにしてもなんとも変な形をしているお菓子ですねえ。

上の部分を持って食べるらしい

亀屋清永(かめやきよなが)清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)こんな風に手で持って下から、かじりり付くものらしいです。

袋から出してみると、なんとも、不思議な匂いがしました。

八ツ橋のニッキを濃くしたような…

ハーブティーのような…

食べてみました。

亀屋清永(かめやきよなが)清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)最初の一口は、かたい。

ばり!

香ばしいなあ。ゴマ油?

餡子は、水分が少なめです。

が、不思議と食べやすい。

甘みは、ずいぶん、押さえてあります。

このお菓子、なんと、スパイスが調合されているそうです。白檀、クローブ、ニッキなど、7種類もの香りが入っているとか。

この香りと、皮のバリバリさ。合います。

食べているうちに、香りは、皮に入っているのか、餡子に入っているのか分からなくなってきました。

なんだか、中国菓子にも似てるんですが、そうでもないような。なつかしいような、初めてのような。そんな不思議な味なんです。

亀屋清永(かめやきよなが)清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)味は、イケます。

皮も美味しい。テーブルに落ちたかけらもひろって食べてしまいました…。

実のところ、最初、これは、歴史的に有名なお菓子だから、食べてみようか。くらいのキワモノ狙いだったのです。

意外です。おいしい。これは、歴史をぬきにしても、また食べたいです。

餡子も、あっさりした甘み。スパイスがほんわかと効いててグッとくる味。古い歴史があっても、現代的な味に思えます。

宇宙人のあたま?

亀屋清永(かめやきよなが)清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)最後に残った

宇宙人の頭のようなの?

これだけ食べてみたら、スパイスの味がしない。スパイスは、アンコに入っていたのです。

面白いやら、びっくりするやら、美味しいやら…。

退屈しないスイーツでした♪


powerd by 楽や

〈亀屋清永〉清浄歓喜団
>> 大丸”亀屋清永”と検索してください。
>> 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ 高島屋サイトでも亀屋清永さんのお菓子は購入可能です。”亀屋清永”と検索してください。
亀屋清永(かめやきよなが)ホームページ
2007年4月19日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス