亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 松風(まつかぜ) カステラ風京菓子

亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)を食べてみました!

亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)

元祖松風

松風の起源の説は、色々あるようですが、戦国時代に生まれた、という、本願寺御用達のお店の松風はこれ。織田信長と石山本願寺との戦いの中での保存食として誕生したという古い歴史があります。

松風(まつかぜ)ってどんなお菓子?という方はこちらへどうぞ

包装の様子

百貨店で購入しました。8ツ入りの松風です。

亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)
亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)ど〜ん、とした迫力のある、男性的な包装。 裏には逸話が出ています。

風格を感じますね〜。この色と文字は非常にGOODデザイン。素晴らしいです。

あけたとたん、なんだか、濃い、香りがムアッとしました。

裏さびし…。

亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)なかなか、強烈な発酵した香り。

ネチ、とした手触りがします。

画像は、一見サクサクのカステラですが、この香りと手触りは、カステラではない。

断じてカステラではありません。

何か、未知の宇宙的な食べ物です。

京都の和菓子☆ドットコム表よりも裏の焼き色が薄いので、謡(うたい)の『松風』の 「浦寂し」「裏寂し」をかけたというこの松風。

確かに、裏側はサッパリとしていて、さびしいですね…(笑)。

食べてみました。

亀屋陸奥(かめやむつ)の松風(まつかぜ)噛むと、ねばりがあり、なかなか、噛み切れない。

かなり、コシの強いお菓子。

黒文字を用意したのに、役にたたなかったので、手づかみでいただきます。

結構、あごの力をこめて、ムチムチとした生地を噛みます。

噛んでいるうちに、ジワ〜とうまみが出てきます。

う〜ん、戦場の武士が根性いれて、戦うための滋養をつけているような、感覚がします。

元気のでる歴史の味わい

この発酵したような香りのものは白味噌でしょうか?麦芽と白味噌のはいった生地を一晩寝かせて発酵させたお菓子ということですが、今まで味わったことのないような、なんともいえない、風味がします。

しかし、噛むのにちょっと体力がいります。噛んでいるうちに、ジワ、ジワ、と甘い風味がにじみでてくるのですが…。少々、あごが疲れました。

滋味な味わいで、元気がでます。私は、今、本願寺の僧兵だ〜!という気分になりました。きっと、石山本願寺のお坊さんもこれを食べて元気を出したのでしょうね。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「なんだこりゃ。ウポ!噛めん。すごい弾力。噛めば噛むほど、味がしみ出る?まあ、そうだけど、なんか、これ食パンの麦芽系の堅いのあるじゃん。あれに似てる。」との事です。

後日、癖になってしまった

後日…いやあ、相当個性的な味?と思っていましたが、日がたつうちにジワジワと美味しさに慣れてきました。ちょっと癖になりそうです。これからも、この歴史ある味が変わらずいてほしいですね。

亀屋陸奥(かめやむつ)さんってどんな老舗?
松風(まつかぜ)ってどんなお菓子?という方はこちらへどうぞ
2007年1月26日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス