寛永堂(かんえいどう)「丸房露(まるぼうろ)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 南蛮菓子(なんばんかし) ぼーろ のお菓子

寛永堂(かんえいどう)「丸房露(まるぼうろ)」

寛永堂(かんえいどう)「丸房露(まるぼうろ)」

河原町三条に二年前より登場

寛永堂(かんえいどう)「丸房露(まるぼうろ)」若者の街、京都河原町三条。私は全くもって若者でないです(笑)。が、堂々とふらふらと、歩いてました。すると、昔、知らなかったお店を発見しました!

寛永堂(かんえいどう)。

こぎれいな店内です。入ると、美しい店員さんがいる。

創業は、古いですが、ここに店を構えたのが、2年前とのこと。お話をききながら、名物であるという黒豆茶をご馳走してもらいました。

うまひ。幸せ気分になり、お菓子を少しだけですが、購入しました。

ぼうろ

寛永堂(かんえいどう)「丸房露(まるぼうろ)」「丸房露(まるぼうろ)」というお菓子。

焼き菓子のようです。

蜂蜜味と、黒砂糖味があるそうな。

蜂蜜味を食べてみました。

丸い黄金のお菓子

寛永堂(かんえいどう)「丸房露(まるぼうろ)」丸い。

丸いなあ。

そして、黄金色。

シンプルでおいしそう。

そういえば、佐賀や、九州の名物に、こういうボウロ菓子がなかったかしら?

うん、確か、ありましたぞ。と南蛮菓子(なんばんがし)というやつです。

南蛮菓子(なんばんがし)とは?

京都では珍しい?

寛永堂(かんえいどう)「丸房露(まるぼうろ)」京都では、蕎麦ぼうろの方が有名ですよね。

こういう南蛮菓子風のぼうろ。

京都では珍しいのではないかしらん。

(後日お店の方にお話をうかがうことができました。寛永堂(かんえいどう)さんは、元々、九州のお店で、京都で店を出している。それで、佐賀風ボウロが販売されているんだそうです)

甘食に似ている?

寛永堂(かんえいどう)「丸房露(まるぼうろ)」食べてみました。

コチ、とした、歯ざわり。蜂蜜風味がジワリと優しい。

シットリした感じもしますが、乾いてもいる。

甘食(あましょく)に似ています。

そういえば、甘食の起源ってなんなんでしょう?

意外に南蛮菓子のボーロが起源のような気がします。調べてみなくては…。


2007年5月21日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス