琥珀(こはく)「京氷室(きょうひむろ)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 老舗和菓子 京都東山の老舗

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」

氷の和菓子

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」

昨日は、水無月(みなづき)の日。同じ氷をテーマにした京菓子に「氷室(ひむろ)」というものがあります。

氷室(ひむろ)とは

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」

この「京氷室(きょうひむろ)」は、東山の老舗「柏屋光貞(かしわやみつさだ)」さんの登録商標です。

平安時代より氷室(ひむろ)という天然の冷蔵庫があり、冬にとった雪や氷を貯蔵していた。夏になると朝廷に献上された。(古代のカキ氷)。現在でも氷室町という町名があちこちにあります。かつて、氷室があった場所なのでしょう。

琥珀の氷

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」

琥珀(こはく)のお菓子。まわりについている粉のようなのは、お砂糖です。とてもキメが細かいです。

緑のもみじの生砂糖(きざとう)も美しい。

お土産にもらう

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」お店で抹茶でいただいたあと、家にもお土産にいただきました。家ではブラックのアイスコーヒーで。これがまた、イケてました。

私がこういうサイトを運営しているからもらえたのではなく(笑)京都は、少しおなじみさんになると、店頭でお茶菓子を出してもらえ、おしゃべりしてもらえたりするときがある。(ずうずうしく、いつもすいません)

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」口あたりがよい琥珀(こはく)

ほろりとした口あたり。キメの細かい味。

キン、と音のしそうな美しい断面。

古代の氷に思いをはせて

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 「京氷室(きょうひむろ)」

現代は、冷蔵庫やクーラーがある。氷も自由に作れ使える。でも、年々、気温も心も暑苦しくなってきているような気がしませんか?

この和菓子の氷は、寒天と砂糖だけ。でも、涼しい風がふくような、風情と味なのです。

2008年7月1日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス