柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 祇園の老舗和菓子 寒天の和菓子

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

ついに箱買い

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

京都東山の老舗、柏屋光貞(かしわやみつさだ)さん。以前「おおきに」というお菓子を購入。今回はそれを箱買いしてみました。

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

色が四色あるんです。でも、前回は、茶室に納めるとかいうので、ピンクが品切れだった。あまりにも美味しくて、かわいくて。4色そろえて、食べてみたかったんです。

おおきに とは

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

この手書きにかぎりなく近い栞(しおり)。かわいいなあ。

「おおきに」という菓子の名前。これは、舞妓さんの思いやりを大切に思う感謝の心からつけたのだとか。このお店の50年ぶり(!)の新作なんですって。

ちょっとここのはスゴすぎる

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」実は、今回、直に職人の方から製造についてお聞きすることができました。お忙しい中、ありがとうございました。

とても濃厚な時間でした。

前回購入した、この最中「さとめ」。びっくりしたんです。皮とアンコだけのシンプルなものなのに。このスッキリした感動の味わいは。と思った。最中だけではなく、他の菓子についてもちょっと、すごすぎるな、と。

京都の「普通(ふつう)」

私は、先入観が最近はあって。菓子を食べるとき、噂で評判がいいとか、ブランド名なんかで食べたりするわけです。でも、連れ合いは、そういうの、一切ない。100年の歴史のある、あの店のあれを「へんなの。」とか平気で言う。先入観がないというのは、いいなあ、とも思います。「くそう、これは1個500円もしたのよ!」とか内心思うんですがね(笑)。

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

でも、この店、柏屋光貞(かしわやみつさだ)さん。ここのだけは、連れ合いの反応が違ってて。老舗名も値段も何も言わずに出すんです。お茶と一緒に。すると、「なんだ、これはすごい!」と仕事や勉強の手を休めて飛んでくる。甘さも連れ合い好みじゃない、どちらかというと甘いほうで。

しかし、「ほっとして、キレイな味だ」みたいな反応になるんです。

おいしい理由がわからない

私もなんともいえず美味しいと思うんです。でも「材料がすごい」とか「技法が」とか具体的に理由が出てこない。超越しているような味に思えます。理由がわからない。ただただ、魔法のように、しみじみとする。

今回お店の方と話してみて、理由がわかった気がしました。

色んなお話がきけたんです。ひとつにアンコの話。あんこにね、砂糖を使う(あたりまえか)。で、その砂糖が、氷砂糖に近いものを使う。そうすると、スキ、とした雑味のない味になるとか。話が専門的すぎて、適当な書き方しかできないんですが。

でも、すごいのは、そういう材料の選び方をしているとかじゃなくて。

私が「そういう”こだわり”があるから柏屋光貞(かしわやみつさだ)さんのお菓子は美味しいんですね」とか申し上げたんです。すると、お店の方が

”こだわり”とかじゃないです。”当然”のことです

と毅然としておっしゃった。その姿勢に、びっくりしたんです。

4色そろった、ぎっちり入ったこの箱の値段

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

たとえば、この「おおきに」の箱買い。¥1000円程度なんですよ。まるごと。(四角が機械で作ってない。手作り。だから、きっちり揃った風でない。それがまたいい。)

異常に安い。百貨店なら、この味でこの量、2000円で売るでしょう。いやらしい言い方だけど、大手の東京資本が加わったら、メッキのような付加価値をつけるため、包装に金をかけ、一箱1万円とかつけたりするだろうな。そういう水準の味なんです。

最中にしろ、干菓子にしろ、安いんです。しかし、どれもこれも心をこめて非常に丁寧に作られている。

昨今、偽装の多すぎる、添加物漬けのような食品業界。国産の材料なんて、ほとんどない。アンコも、自社生産のとこは、めったにない。それも、中国の機械ものも多くなってきた。それが一概に悪いわけではないですが。

普通でない「ふつう」の感覚

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」手作りの真剣勝負の味。良心的な価格で、静かに作り続ける。それを

「”こだわり”じゃない、”普通”」

だと言い切れる、感覚。それこそが、味の秘密なんじゃないかなあ、と思いました。

いのち」というものを売る店なんだと思います。京都では時々、こんな風に「いのち」を売る店に会えたりします。「いのち」とは極道映画にある、きったはったという意味ではないです。「いのち」とは人により「家族」であったり「愛情」であったり「芸術」「学問」「夢」だったりするんだと思います。

凍らしても食べられる?

柏屋光貞(かしわやみつさだ) 寒天和菓子「おおきに」

やっぱ箱買いは、夫婦ふたりでは期限内に食べきれない。(添加物がほとんどないので、賞味期限が早い)だからといって、期限がすぎて、捨てるのも嫌だ、と思い、冷凍庫に入れておいた。

凍ったの食べてみたら、なんともいえない、味わい。これは美味しい。お店の人は眉をしかめはるかもしれませんが(すんません)。ひや、しゃり、こり、としてものすご美味しいです。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「うまいわ。やっぱ。」との事です。

2008年5月6日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス