川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 懐中汁粉(かいちゅうしるこ) 京都老舗 のお菓子

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!

あの、道喜(どうき)さんの懐中汁粉と葛湯

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!

高島屋で購入しました。川端道喜(かわばたどうき)の「お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット」

包装紙とか、ラベルとか、とても粋でセンスがいいと思うんです。伝統的なのに、おしゃれ。京都の老舗の品質がビシバシ感じられます。

「お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット」とは

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!深緑の箱をあけると、

こんな風に子袋が。

センスのいい、子袋

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!なんとまあ、ニクいデザイン♪

ほんのり金箔の入った和紙の袋。

丁寧に結ばれた光る紐。

シンプルなのに、きわめられた、日本画のような…。

さらさら、上質

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!それぞれの粉を出してみました。

葛湯(くずゆ)

雪のように白く光る。

キメがこまかいです。

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!こちらは汁粉

サラサラ。

湯をそそぐ

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!

作ってみました。はああ〜いい匂い。

汁粉の味

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!餅の種(たね)が入ってたんです。プカ〜と浮いてきました。

おいしい。

利保さんのと餅の味は似ているようですが、汁粉の味が違うと思います。

口あたりがいい。

繊細なのに突き抜けるような野性味というか。素朴な優しさ

これは、グ!ときます。

葛湯の味

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!葛湯(くずゆ)。

これは!

えらいこと、トロン、トロン!ものすごいトロミ。でも、甘みが強すぎない。葛の風味がすごい。

シンプルなのに、力のある味だと思います。

いい葛(くず)やなあ…

川端道喜(かわばたどうき)お汁粉(しるこ)と葛湯(くずゆ)のセット 食べてみました!ふわ〜んとする幸福感。

ちょっと風邪ぎみだったんです。が、体がどんどんあったまって元気になる。そうか。漢方の葛根湯(かっこんとう)って、葛(くず)のこと。

その本気のチカラがストレートにわかる味です。

日持ちもするほうだし、プレゼントにもいいですね。実は、後日、もう一箱買ってしまいました。友達への小さなお歳暮に。これを食べて、あったまってね、身体を大事にね、という気持ちが伝わると思ったのです。

powerd by 楽や

他サイトの川端道喜(かわばたどうき)の案内
高島屋サイトで「おいとぽい」のみ購入可能です。”川端道喜”と検索してください。 >> 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ
2007年11月29日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス