錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい おまん屋 秋の京菓子

錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」

錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」

錦通りで購入

錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」こたつを購入いたしました。ならば、冬のはじめのマジナイ菓子を食べねば。

亥の子餅というやつ。(こたつを出す日の冬の始めのお菓子)

仕事帰りに錦通りへ。今まで、夜に錦に行っても、ほとんど閉まってるから、行ったことがなかった。今回、行ってみて、驚きましたよ。

お徳なんです。終了まぎわの魚屋が恐ろしい値段で安売りしてる。刺身3パックが千円とか、鱧寿司が500円とか。ちょっと興奮してしまいました。味は最高級。スーパーの刺身より安くて、この味。夕方6時台の錦は超!穴場ですわよ。

錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」

閑話休題。菓子は、「幸福堂」というおまん屋さんで買いました。包装には、「錦たなか」とある。どっちが正式な店名なんでしょう?松原や壬生にも店があるようですが…。

イノシシの形

錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」これが亥の子餅。

いのししの形をしているんです。

しかし…

どこがどうイノシシなのか、よくわからない。

色や形が、そんな感じ

錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」色なのかな。色が猪なんだ。あと、すぼんだ形が動物的。全国各地、色んな形や色があります。京都ではこういうのが専らみたい。

京都人にとっては、この姿が、イノシシの記号になっちゃってんじゃないかな。

亥の子餅、今の時期、どこの店でも飛ぶように売れてたし。みんな食べてはんのやね。

切ってみました

錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」中は、こしあん。

求肥(ぎゅうひ)

この求肥の皮、おいしい。

あと、皮に何か入ってる?

ポリ&むちぃの食感。楽しいです。

不思議な色だなあ

錦たなか・幸福堂「亥の子餅(いのこもち)」亥の子餅には、ニッキが入ってるといいます。これは、よく分からなかったです。典雅な風味がした。それが、ニッキかも?

この全体の赤紫のほんのりした色。

どうして、こういう色がでるんでしょう。不思議です。

このお店のアンコは、私には甘すぎかも。けっこうきました。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「ニッキ味なの?やだ。食べない。」との事です。


2007年11月9日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス