[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 松風(まつかぜ) 京都老舗 のお菓子

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」を食べてみた!

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」

一子相伝の味!

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」

予約なしでは買えない、この一子相伝の松風(まつかぜ)。

大丸で、偶然、購入できました!

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」上品な箱をあけると、ふわあ、ほんのり、

味噌の香りが。

松風(まつかぜ)って何?という方はこちらへどうぞ!

じっとり、プックリネッチョリ

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」

裏さびし、との名のとおり、裏が白い。

以前食べた「亀屋陸奥 松風(まつかぜ)」。同じ名前の菓子なのに、香りも外見の印象も違います。あちらは、水分が少なくて、薄かったような。

こちらは、分厚く、じっとり、プックリネッチョリとしています。ネッチョリしすぎて、包丁がうまく入りません。

西京味噌の焼き菓子

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」いい色ですよね。

この黄金色。

これは、卵でなくて、西京味噌から来るものでしょう。

材料は、「小麦粉、味噌、砂糖と黒胡麻」のみです。

切れん…!

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」黒文字では切れません(笑)

一応、お茶席のお菓子なんですよね。

みなさん、どうやって食べておられるのでしょうか?

一筋縄ではいかない、強烈な弾力と、ネッチョリ感。

おいしい!

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」ついに、手づかみでいただきます。

ふむ。思ったより、固くない。というか、結構フックラ。

ムッチリしたカステラ、という印象。

ふかふかだけど、むっちり。

黒ごまが香ばしい!美味しいですね。

西京味噌がしつこいかな?思ってました。が、少しもくどくない。

甘さがひかえめ。優美にほんのり、味噌が効いています。

松屋常盤(まつやときわ)「味噌松風(みそまつかぜ)」ムチムチしている割には、少しも歯につかない。

ほどよくシットリ

炭火で、焼いてあるせいか、全体の風味がいいのです。上の甘辛い茶色の部分も、食欲をそそる、香ばしさ。

ムチ、とした歯ざわりがなんとも癖になります。結局、決めていた量より、一切れ多く食べてしまいましたわ♪

しかし、そこは、松風。元々は、戦国食。凝縮された味噌と小麦粉のスイーツ。腹にあとから、ドン、ときます。口あたりがいいからといって、食べすぎは禁物ですね。

松屋常盤(まつやときわ)ってどんな老舗?
松風(まつかぜ)って何?
2007年6月7日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス