[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 秋の栗菓子 秋の京菓子 のお菓子

中村軒(なかむらけん) 栗餅(くりもち)を食べてみた!

中村軒(なかむらけん) 栗餅(くりもち)

栗餅って秋に食べます?(大福じゃないよ)

中村軒(なかむらけん) 栗餅(くりもち)中村軒(なかむらけん) 栗餅(くりもち)

水無月(みなづき)の時も思ったことですが。京都でしか、食べられない季節の和菓子があります。

この栗餅もそう。

京都外ではそう見られないみたいです。意外でした。

そうなの?(と、関西外の人に問いかけてみます…)

京都らしいミニマムな秋の世界

中村軒(なかむらけん) 栗餅(くりもち)大福とは違う。

あくまで餅(もち)。

手の平に乗るピンポン玉のサイズ。小さな秋のお菓子。

そのミニマムさに京都らしさが有ると思います。

一見して真っ白い玉。食べると、栗とアンコという世界が閉じ込められている。

京都人に絶大な支持のある「おまん屋さん」(おもちや、団子などの気軽な和菓子屋さん)中村軒。

この栗餅も飛ぶように売れていました。

栗餅は、求肥(ぎゅうひ)で出来ていることが多いですが…。この香り、さわった感触、求肥ではないようです。

切ってみました

中村軒(なかむらけん) 栗餅(くりもち)あ、餅だ!

ほんとの餅(もち)!

甘くない餅です。

わあ。中村軒らしいですね。

よく伸びる餅だな〜。中村軒のいつもの、日本の昔ながらの餅。

アンはこしあん。

食べてみました

中村軒(なかむらけん) 栗餅(くりもち)求肥でなく餅なんで、ボリュームがあります。

栗は甘くない。

どうやら甘露煮ではない。でも、生栗というわけでもないようです。なんでしょう?

笹屋昌園さんのように、栗特有の野性味はないです。が、やさしくしっとりしてます。コリっともしてます。絶妙な栗です。

漉し餡と栗と餅のハーモニーが素晴らしいですね〜。


2007年10月13日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス