[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都有名和菓子 餅菓子 のお菓子

中村軒(なかむらけん)の麦代餅(むぎてもち)を食べてみた!

中村軒(なかむらけん)の麦代餅(むぎてもち)

農作業のための餅(もち)

中村軒(なかむらけん)の麦代餅(むぎてもち)中村軒(なかむらけん)の麦代餅(むぎてもち)京都の「おまんやさん」(餅や団子やさん)。

ナンバーワンを挙げるとすれば、この中村軒(なかむらけん)を挙げる人は多いでしょう。

京都人にも絶大な支持を得ているお店です。

この老舗の主人の方の著した「京のおかし歳時記」という書籍も素晴らしいものでした。 ぜひ、機会があればご一読を。

麦代餅(むぎてもち)とは?

中村軒(なかむらけん)の麦代餅(むぎてもち)この「麦代餅(むぎてもち)」は、店の代表銘菓です。

麦代餅(むぎてもち)とは、元々、農作業の間食として、食べられていたもの。しかし、名前に”麦”とあっても麦が材料に含まれているわけではありません。

麦とこの餅が物々交換されていたことから、この名前がついたといいます。

やはり、ボリュームがある

中村軒(なかむらけん)の麦代餅(むぎてもち)これは、実は、小ぶりサイズ。

実際は、もうひとまわり大きいんだそうです。

しかし、小ぶり版でも、非常にボリュームがある。どーん、たっぷり。

さすが、農作業のためのお菓子なだけあります。

残念なのは、黄な粉の粒が固まっていたこと。この店に限らず、黄な粉ものは、持ち帰ると、こうなってしまうことが多いです。出来立てを食べるのが元々ベストなお菓子なんでしょうね。

しかし、うまい!

中村軒(なかむらけん)の麦代餅(むぎてもち)食べてみました。

アンコも餅も、ボリュームいっぱい。

甘さもほどよい。

食べきれないほど、どん!としているかと思いました。が、実際は、スルンと胃に収まりました。

胃にしみて、疲れのとれる味。

はやりのキワモノ大福よりは、よほど、好きかも。粒あんと餅だけのシンプルさに隠れる仕事の上質さは、実に、京都らしい。

餅がきめ細かく、よく伸びて、キレがいい。あんこも丁寧な味です。

このお店、現在も、あんこを昔ながらのおくどさん(かまど)で炊き上げているそうです。


2007年5月16日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス