[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 濾しあん、粒あん、白あん オシャレな京菓子

二條若狭屋(にじょうわかさや)家喜芋(やきいも)を食べてみました

二條若狭屋 家喜芋(やきいも)

家喜芋(やきいも)…それは、かわいい、美味しいお饅頭。

二條若狭屋 家喜芋(やきいも)二條若狭屋 家喜芋(やきいも)その丁寧なお菓子の味と、ハイレベルな包装デザインで他の追従を許さない「二條若狭屋(にじょうわかさや)」。昨日、伊勢丹で3種類少しずつ、購入しましたので、レビューにしばし、お付き合いください。

まずは、「家喜芋(やきいも)」から。
今回は、3つ入りのこのような簡易包装のもの。しかし、他にスゴイ、トータルデザインの歴史ある進物包装もあるそうな。

「家喜芋(やきいも)」って、どんな歴史のあるお菓子なの?

3種類のお芋のようなお饅頭

二條若狭屋 家喜芋(やきいも)大中小の大きさがあり、中の餡が違うらしいです。

(どれがどれかは不明)

白餡、漉し餡、粒アンの3種類の饅頭です。

二條若狭屋 家喜芋(やきいも)←裏側。ぷよぷよ&弾力。

手触りは、酒饅頭や、薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)が、ちょっと湿って重量感のある感じでしょうか?

つくね芋を使っているんだから、材料は、薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)とは基本的に同じよね。違うのは、焼いてある、という事でしょうか。

いただきまあす!

まずは、白餡

二條若狭屋 家喜芋(やきいも)あや、おいしい。

白あん、て、結構、中途半端な味だというイメージがあったのですが、このお菓子の白あんはおいしい。舌触りがいい。甘みが控えめで、いい風味がします。

ちょっと薄い赤みがかかっています。どういう白あんなのでしょうか?

次に漉し餡

二條若狭屋 家喜芋(やきいも)こしあん。

ああ、これも甘さ控えめで美味しいなあ。

まわりのムチっとした皮ととても合います。

皮は、やはり薯蕷饅頭のものとは違い、ボリュームがある感じです。モチっとした感触。形が平べったいのが、餡子とのバランスがいいです。

最後に粒アン

二條若狭屋 家喜芋(やきいも)ツブツブの餡子が大粒で美味しいです。

ゴマの風味も香ばしい。

皮が焼いてあるせいか、全体につくね芋の味わいが前面に出ている感じがします。

それぞれ美味しい

京都の和菓子☆ドットコムどれも美味しかったので、大満足。3つじゃ、足りないです…。もっと買えばよかったと後悔。やはり、京都の老舗の、饅頭は、すごい。なんていうか、本当に滋養のある美味しさがあります。

この中でどれが特に美味しかったというと、強いて言うなら、漉し餡のもの。皮とのバランスが一番よかった気がします。しかし、この3種そろっての「家喜芋(やきいも)」ですね。ぜひ、3つ共味わってみてください。春の山にいるような、優しい、ホッコリ気分になります。

味と形、全てトータルで完成されている印象です。やはり、あの、プレミアがつきそうな布巾つきのギフトを手に入れたい、と思ってしまいました。


powerd by 楽や

2007年2月22日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス