[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 夏越しの払え 京都 夏の有名和菓子 のお菓子

仙太郎(せんたろう)「水無月(みなづき)」を食べてみた!

仙太郎(せんたろう)「水無月(みなづき)」

水無月(みなづき)宣言!

仙太郎(せんたろう)「水無月(みなづき)」6月は、もう、買うつもりはなかったんです。京菓子。

しかし、MKタクシーの運転手さんの水無月宣言を聞いてしまった。そうなると、ちょこっとだけ、今、どんな水無月(みなづき)が人気なのか見てみよう。のぞくだけよ♪なんて、自分に言い聞かせながら、伊勢丹へ。しかし、見るだけなんて、ことは、ありえない(笑)。まあ、買って食べてしまうでしょう。

今回は、仙太郎(せんたろう)。「身土不二」のコピーが、いかにも美味しそうなんですな。

※「身土不二」とは、身体と土とは別のものではない。自分の育った土地の食べ物が一番よい、という意味だそう。

夏をむかえる、マジナイ菓子…

仙太郎(せんたろう)「水無月(みなづき)」明日は、夏越しの払え。水無月の前には、大行列。

京都人及び関西人は、この一週間、この水無月(みなづき)に殺到します。

思うんですが、京都は寒暖の差が激しいじゃない。で、夏も相当暑い。

しかし、何故か、北海道のように、寒さにあわせて、住居を本格的にしつらえたりしない。(京町屋は、合理的な部分もあります。が、基本的に我慢する傾向があるでしょう?京都の人は)

すごいのは、京都人は、いまだに、マジナイで、寒暖を乗り切ろうとする。平安時代より、綿々と続く京都を支配する、異界の神秘でもって。

仙太郎(せんたろう)「水無月(みなづき)」夏の暑さには、この水無月(みなづき)。

三角の形と小豆が魔よけ。下の外郎が、涼しい氷に模してある。

これが、京都の夏のマジナイ。

これを食べると、夏バテにならないと(本気で信じているわけではないにしろ)京都人のDNAに組こまれているらしい。

真剣に考えたら、夏ばてには、冷えた、柑橘系のゼリーや、梅の入った水饅頭の方が、いいだろうに…。現代は、冷蔵庫だってあるんだからさ…。

しかし、皆、殺到して、水無月買うんですよ。

「これ、食べへんと、夏を迎えられへんねん!」と。

水無月(みなづき)については、こちらもどうぞ

抹茶味 食べてみました

仙太郎(せんたろう)「水無月(みなづき)」抹茶味の水無月は、はじめて食べます。

うん。

なかなか、抹茶が濃くてよろしい。

白いの食べてみました

仙太郎(せんたろう)「水無月(みなづき)」白いのは、甘さが抹茶より、ひかえめ。

小豆部分が分厚いですね。

小豆部分は、少々、甘めの感じ?

元気がでるスイーツ

これは、ド〜ンともったり、ムチッとした美味しさ。(やはり、笹屋昌園のは、特異な存在なんですね。あれは、相当、サラリとした、上品さだったので)

ドン、としているとはいえ、仙太郎さんのは、さすが、材料がいい。フレッシュな印象です。これこそ、昔からの正統派の水無月(みなづき)の味!という美味しさでした。

このボリュームが、夏向けなんでしょう。ビタミンがどうとかより、カロリーとって、おなかいっぱいになって、元気に夏を迎えよう!という元気印のスイーツなんですね。


powerd by 楽や

>> 大丸 「仙太郎」と検索すると商品が見つかります。
楽天の仙太郎サイト >> 和菓子屋都
高島屋サイトでも「仙太郎」のお菓子は購入可能です。”仙太郎”と検索してください。 >> 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ
楽天で探す仙太郎(せんたろう)のお菓子
2007年6月29日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス