嘯月(しょうげつ)春の上生菓子・京菓子「上用・薯蕷(じょうよ)まんじゅう」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい よもぎ のお菓子

嘯月(しょうげつ)春の上生菓子・京菓子「上用・薯蕷(じょうよ)まんじゅう」

嘯月(しょうげつ)春の上生菓子・京菓子「上用・薯蕷(じょうよ)まんじゅう」

焼いてあるお饅頭

嘯月(しょうげつ)春の上生菓子・京菓子「上用・薯蕷(じょうよ)まんじゅう」

嘯月(しょうげつ)さんの上用(じょうよう)まんじゅう。薯蕷(じょうよ)とも。大和芋、つくね芋をつかったシンプルな饅頭です。

焼き印が押されているものが上生では多くみられます。が、これは、表面が焼いてある。その上に、山椒(さんしょう)の葉がのっています。この時期は、木の芽時(このめどき)といい、命が芽吹く季節。山椒の葉はその象徴です。(山椒だと”きのめ”と読むそうな)春らしい品のよさです。こういうのは初めて見ました。

いただいてみました

嘯月(しょうげつ)春の上生菓子・京菓子「上用・薯蕷(じょうよ)まんじゅう」

美しい断面です。アンコのキメが非常に細かいのです。このなんともいえない、餡の密度。

とにもかくにも「お、お、おいしい」。あんこのしっとりさ。薯蕷のムチっとさ。山椒は、思ったより、香らなかったかな?飾りという雰囲気。こんな風に焼いてあると、ふっくらした薯蕷のコクが増しているような気がします。

うわさにたがわず、アンコが美味しい。「うわあああ〜」と独り言を言うほど美味しい。本当に食べながら独り言、言ってたんです。(←あほ)

漉し餡を使った和菓子は多いですが、一番の見せ場は、この薯蕷饅頭ではないかしら、と、未熟な味覚ながら、思ってしまいました。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「うみゃいよ」との事です。

2008年4月17日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス