[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都祇園のお菓子 豆菓子 のお菓子

秋紅堂(しゅうこうどう)の「祇園豆板(ぎおんまめいた)」を食べてみた!

舞妓さんの大好きなお菓子

秋紅堂(しゅうこうどう)の「祇園豆板(ぎおんまめいた)」「秋紅堂(しゅうこうどう)」という店の「祇園豆板(まめいた)」というお菓子です。

舞妓さんが食べ過ぎて、ニキビを作ってしまうというお菓子。

京都祇園の代表銘菓のひとつです。

そもそも「豆板(まめいた)」ってなに?という方はこちらをどうぞ

秋紅堂(しゅうこうどう)の「祇園豆板(ぎおんまめいた)」袋をあけると、ひとつひとつ、セロハンで包んでありました。

今でこそ、このような豆板は、全国共通のもの。

しかし、この丸い形は、京都のこの「秋紅堂(しゅうこうどう)」さんがはじめたものです。

3種類の味がある

秋紅堂(しゅうこうどう)の「祇園豆板(ぎおんまめいた)」3種類の豆板が入っています。

小豆入り、斗六豆(白いんげん)入り、大豆抹茶入り。

昔は、大豆入り1種類だけだったのだそうです。

ですが、人気が出て、このように、色んな種類が増えたのだとか。

ハードボイルドな甘さだと聞いていたが

秋紅堂(しゅうこうどう)の「祇園豆板(ぎおんまめいた)」まずは、一番古いであろう味、大豆入りからいただきます。

ハードボイルドな甘さと聞いていたので、覚悟していただきます。

確かに甘い。

でも、なんだか、懐かしい自然な甘さ。

大豆も香ばしくて美味しい。

回りの白ザラの砂糖を煮詰めた部分が素朴で、甘さが気にならず、パクパク食べてしまいます。抹茶の風味はあまりしません。でも、抹茶のせいで、食べやすいのかもしれませんね。

やはり、甘い

秋紅堂(しゅうこうどう)の「祇園豆板(ぎおんまめいた)」と、調子にのって、次は、白インゲンのものを食べてみました。

しかし、これは甘い。

最初の大豆入りのは香ばしさが砂糖板とバランスが取れていました。

しかし、この白インゲンは、しっとりしている分、正に白あんの味わい。砂糖の中に白あんが入っているという状態に近いのです。

秋紅堂(しゅうこうどう)の「祇園豆板(ぎおんまめいた)」こちらは、小豆のもの。

同じくこれも、砂糖にアンコが入っている状態に近い。

甘い。

小豆も白インゲンも、確かにハードボイルドな甘さでした(笑)。

現在ではなかなかお目にかかれない、ドン!とくる甘さです。

しかし、砂糖板のザリ、シャリという感触は癖になりそうな、おいしさ。甘い甘いといいながら、次々食べては、ニキビをこさえてしまう気持ちがわかります。

濃いお茶と食べたい味です。ああ、甘いものが食べたい、という時にぜひおすすめ。チョコレートより、ずっと疲れがとれると思いますよ。優しくて素朴な甘さです。

しけっていたのが1枚…

ただ、残念だったのが、ちょっと湿けった印象のものがあったこと。しっとりしている、というより、風化したような印象のものが1枚まじってました。たぶん、これは、秋紅堂さんのせいではなくて、購入先の、百貨店の保存のせいのようです…。

実店舗で一度、買ってみたいと思いました。できたてのを一度食べてみたいな〜。

「豆板(まめいた)」ってどんなもの?という方はこちらをどうぞ
DigiStyle京都さんによる秋紅堂さんについての情報サイト
2007年3月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス