[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 道明寺羹(どうみょうじかん) 夏の上生菓子 のお菓子

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)上生菓子「氷室(ひむろ)」を食べてみました!

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)上生菓子「氷室(ひむろ)」

なつかしの木屋町で

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)上生菓子「氷室(ひむろ)」上級の飲食店の老舗が軒を連ねている、木屋町(きやまち)通り。

ここ、高校の時の通学路だったのです。今になって、思います。すごいお店の前を平気の平左で歩いていたもんだなあ〜と。

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)。江戸時代、文化元年(1804年)の創業の老舗です。

最初は、あの、「餡入りわらび餅」が売っていたので、ほしかった。

しかし、もう、予約でいっぱいとのこと。

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)上生菓子「氷室(ひむろ)」店の方も、ものすごい勢いで、予約分を包装されていました。黄な粉をまぶした、丸い輝くようなお菓子。本当にあの、餡のわらび餅って、京都人に愛されているんだなあ。

残念でしたが、またの機会。今回は、夏らしい、上生菓子を購入しました。

 

氷室(ひむろ)とは?

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)上生菓子「氷室(ひむろ)」これは、氷室(ひむろ)という名前のお菓子です。

氷室とは、昔の冷蔵庫のようなもの。

氷室(ひむろ)について、もっと知りたい方は、こちらへ!

道明寺羹(どうみょうじかん)のお菓子

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)上生菓子「氷室(ひむろ)」この、星をちりばめたような、風合い。

これは、道明寺(どうみょうじ)を使っているからなんです。

とてもキレイでしょ?

こういうお菓子を道明寺羹(どうみょうじかん)といいます。

道明寺は、桜餅などに使われている材料です。

道明寺羹(どうみょうじかん)について、もっと知りたい方はこちらへ!

抹茶にあう!

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)上生菓子「氷室(ひむろ)」食べてみました。

姿がキレイなのはもちろん。お味もステキでした。

道明寺のプリプリムチムチツブツブした食感。そして、アンコの味のする寒天。舌触りがよくて快感です!

甘さが上質でしっかりしています。一口一口がキュ〜ンと体にしみ、濃い抹茶に合いました。

続き >> 上生菓子「あじさい」の味 
京名物百味会さんの本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)の紹介記事へ
2007年5月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス