[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 饅頭(まんじゅう) 餅(もち) のお菓子

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)「月餅(つきもち)」を食べてみました!

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)「月餅(つきもち)」

「げっぺい」ではなく「つきもち」

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)「月餅(つきもち)」本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)「月餅(つきもち)

”げっぺい”と読みたくなります。でも、”つきもち”なんですって。

また、”餅”という名前ですが、何故か、レッキとした饅頭です。

(京都、こういう名前、多いなあ。蕎麦餅も蕎麦まんじゅうだし…)

江戸時代、オーブンを発明して、この菓子は誕生した!

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)「月餅(つきもち)」袋から出すと、

とても香ばしく甘い香りが。

まわりの焼き色がすごく自然で美味しそう!

なんと、このお菓子、江戸時代半ばにできたもの。

当時は、生菓子しかない時代。しかし、この店の初代店主、自分で、オーブン釜を発明したんだそうな。で、このお菓子を開発したんですって。オドロキ!

こんなオーブン?

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)「月餅(つきもち)」後ろは、こんな風。

まさか、今も、昔風のオーブンで焼いているわけではないでしょう。

しかし、そう思いたくなるくらい、いかにも、手作りな風合い

この規格品にない、焼け色は、魅力的ですよね。

中には白あん

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)「月餅(つきもち)」中は、白あん。

備中白小豆(びっちゅうしろあずき)が原料という、上質なもの。

しっとり、さらり。

皮の芥子(けし)粒が香ばしくておいしいなあ。

小麦粉と砂糖と卵のシンプルな皮は、丁寧でうれしい味。

本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)「月餅(つきもち)」以前いただいた、松風(まつかぜ)にも少し風合いが似ているかな?

これは、南蛮菓子の流れをくむ、あの時代。安土、桃山から、江戸にいたる、古い焼き菓子の空気。それを感じるような気がします。

しみじみとする、素朴な味。

京名物百味会さんの本家月餅屋直正(ほんけつきもちやなおまさ)の紹介記事へ
2007年5月21日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス