鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 道明寺(どうみょうじ) 桜もち

鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)を食べてみた!

鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)

京都ならではの桜餅といえば?

鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)鶴屋寿(つるやことぶき)の「さ久ら餅」

京都の桜もちといえば、これを挙げる人は多いでしょう。

鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)

右京区、嵐山のもの。嵐山は、もうじき、桜でピンクに染まることでしょう。今年は早いらしいですよ。京都の開花は3月26日あたりだとか。

二枚の葉を使用

鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)関西のサクラ餅といえば

道明寺(どうみょうじ)。

中でも京都らしい特徴として、二枚の葉使いというものがあります。

道明寺の餅を、上下、桜の葉ではさんであるのです。

鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)

見た目では、ただの葉のよう。お菓子だとは、あまり思えませんよね。

中は、こしあん、道明寺

鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)

一見簡素。でも中に、やわらかい芳香な菓子が隠されている。それが、京都らしい。京菓子は、わかりやすい派手な美を好まないからです。

葉の軸が太く、硬そうだな、と思いきや、けっこう食べやすいです。葉、おいしいです。

白い道明寺

鶴屋寿(つるやことぶき)「さ久ら餅」(さくらもち・桜餅)

道明寺は、染めていない、白いもの。桜の風味がふんわりします。透けて見える、中のあんこ。それが、まるで桜色のように錯覚させられる。

少し甘めの傾向のような。日持ちが3日するのは、この甘さのせいかもしれません。

道明寺は、とろりと、いい塩梅。小さくかわいらしいサイズ。上品。東京の桜餅とは対照的ですよね。東西でこうまで違う。

2008年3月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス