[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう) 上用(じょうよう) のお菓子

鶴屋吉信「栗まろ」を食べてみた

鶴屋吉信「栗まろ」

栗の上用まんじゅう

鶴屋吉信「栗まろ」京都では、秋は、栗餅(くりもち)が多く見られます。が、薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)の栗菓子も販売されます。

鶴屋吉信「栗まろ」

栗入りの上用(じょうよう)饅頭(まんじゅう)なんです。

このデザイン、すごいでしょ?

鶴屋吉信「栗まろ」w(°o°)w おおっ!!
この焼印、すごくありませんか?

さりげなくキョーレツ…!

栗饅頭に「’07」ってなんやねん!(大笑)

(⌒▽⌒)ノ_彡☆バンバン!

平成でなく西暦なのが、すごい。

と、いうか、なんでお饅頭に、年代を刻印すんねん…記念プレートじゃないんだからさ…。プレートや記念コインと違い、食べちゃって残んないんですよ。まんじゅうは。なのに…。

鶴屋吉信「栗まろ」来年は、’08なんでしょうね。きっと。

大うけしつつも、それが、なんとも、かわいい風貌となっています。

鶴屋吉信(つるやよしのぶ)は、私の中でひそかに、和菓子界のポスト・モダンと呼んでいます。ある意味、虎屋以上の先進性のあるデザインと味なのではないでしょうか。

ブルーベリー餅といい、時代を先走りすぎ!和菓子の購買層は、まだまだ、年齢が高く、古い頭の人間が多いというのに…。こういう面白いことをやってのける京都の老舗のセンスにあっぱれ!

完成度が高い!

鶴屋吉信「栗まろ」いくら面白いデザインを企画しても、味が悪かったら、ただのジャンクな和菓子。ちまたにあふれる奇をてらっただけのもの。そういうものは、大量に出てきては、消えています。

しかし、この店は、違う。

味に、徹底的に保守の技術を用います。デザインから味まで、高い完成度になっている。そこが、すごい。

つくね芋の香りがただよう、きめの細かい薯蕷(じょうよ)皮。 

食べてみた

鶴屋吉信「栗まろ」

サイズが大きいのが、ステキ。栗も大きく、あんこも、薯蕷(じょうよ)も分厚くて、豪華。

丁寧に作られた薯蕷(じょうよ)。風味がいい。ふっくらしてオイシー♪栗は甘露煮で、味も濃い。

アンコと栗がうまくなじんでいます。栗餅(くりもち)の時は、素材にバラバラ感があるような気がしたんです。が、この饅頭については、一体感があります。舌触りがよく、喉越しが至福。
(^▽^)(^▽^)

アンコと栗の甘さを同じくらいに揃えてあるのでしょうか?それくらい、全体がなじんでいました。


powerd by 楽や

百貨店サイトでも購入可能 >> ”鶴屋吉信”と検索すると出てきます。
大丸伊勢丹高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ
楽天で買える鶴屋吉信(つるやよしのぶ)のお菓子
2007年10月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス