鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 上生菓子 葵祭(あおいまつり) のお菓子

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」を食べてみた

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」

5月15日 暑い京都!

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」

京都駅で、用をすませ、ふと、気がつきました。今日は、5月15日。葵祭(あおいまつり)じゃん!

「御所くらいまでなら歩くのたやすいわ♪」と思って歩いたのですが。 暑い。暑すぎる。道は渋滞。暑さに空気がゆれるアスファルト。

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」

もう3時やし、上賀茂神社まで、よう行かへんわ。と、あっさりギブアップ。六角堂で、遊んで帰りました。鳩が多いんですよね。ここ。突進してくる、鳩の軍団たち。暑さが一層際立ちます。

十二単(じゅうにひとえ)のような和菓子です

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」

なんで、こうも暑いのでしょうか。温暖化だから?こんな日に衣装を着た祭の方々は、いかに汗を流されたことでしょうか。

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」

お姫さまの着物をあらわしているような、美しい和菓子。外郎(ういろう)の中にこしあん。うっすら透けて見える、小豆色、紫。繊細な色のグラデーション。京都の伝統的な和菓子の意匠である、重ねの色目というものです。 

斎王代とは?

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」斎王代というのは、葵祭のヒロイン。神事にとても大事な役割をはたします。

これは、古来より内親王(天皇の娘)が勤める役目なのですが。

現代では、一般の方がなります。毎年、変わるんです。

十二単を着て、一番きれいで華やか。

 

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」お菓子には、葵(あおい)の紋。

これは葵祭のシンボルです。

これは、徳川家をあらわすもの。京都なのに、何故、江戸幕府の徳川のマークなの、って?長い間、途絶えていたこの祭。江戸時代(元禄7年)に、徳川家によって、再興されたからなんです。

華やかな平安貴族の美しい行列は見ものです。

他にも流鏑馬(やぶさめ)の神事などが有名です。

食べてみました。

鶴屋吉信「斎王代・歳王代(さいおうだい)」

 

食べるのがもったいない美しさ。

でも、食べますが(笑)。ずいぶん歩いたので、美味しさひとしお。こしあん、うま〜。外郎(ういろう)、うま〜。むっちり、むきゅ。

powerd by 楽や

百貨店サイトでも購入可能 >> ”鶴屋吉信”と検索すると出てきます。
大丸伊勢丹高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ
楽天で買える鶴屋吉信(つるやよしのぶ)のお菓子
2008年5月15日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス