[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 落雁(らくがん)・干菓子(ひがし) 和三盆(わさんぼん)

芳治軒(よしじけん)の落雁「おちょぼ」を食べてみました!

京都 山科の和菓子屋さん

芳治軒(よしじけん)の落雁「おちょぼ」ついに、桜が咲き始めましたね。みなさん、お花見はどちらへ出かけられましたか?

先日は、近所の公園の桜を愛でながら、芳治軒(よしじけん)の落雁「おちょぼ」を食べてみました。

京都市山科区のお店です。以前、山科大丸で購入したものです。

ビールと干菓子

芳治軒(よしじけん)の落雁「おちょぼ」ビールと京菓子。

京都の和菓子サイトなのに、「なんで、おまえは京都に花見に行かないのか」って?

すいません。経験上、この時期の京都の桜は、アイドル来場のお台場以上の人ごみなんですわ…。

穴場もあるとは思うですうが…。もう年なんです。人ごみをかきわける元気がないのです…。

芳治軒(よしじけん)の落雁「おちょぼ」芳治軒(よしじけん)の落雁「おちょぼ」

なんとまあ、かわいい、箱だこと。食べ終わったら、何を入れようかしら…。

キュートな舞妓さんみたいなお菓子♪

芳治軒(よしじけん)の落雁「おちょぼ」開けてみたら、

キュートな姿!

一口大の落雁(らくがん)と、金平糖がギッシリつまっていました。

この「おちょぼ」という名前。

舞妓さんの紅を指したオチョボ口をあらわしているんだそうです。

んまあ、なんてエッチな…。しかし、そうも見える…

芳治軒(よしじけん)の落雁「おちょぼ」連れ合いが、これを見て

「おっぱい♪」

などと、言いよった…

このオヤヂ〜!エッチ♪

しかし「おっぱい」といわれたら、そんな風にも見えてきます…。

桜の木の下で食べた和三盆の干菓子は、口の中で、ホロホロとける。

甘さはジンワリ、ゆっくり、ハートに染み入る。ちょっぴりエロティックな口どけです。

※連れ合い(40代男性/関東出身)の感想…「ラムネ菓子の味を上品にしたの。かわいい。」との事です。


powerd by 楽や


2007年4月2日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス