七五三の千歳飴(ちとせあめ)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 11月15日 子供のオヤツ のお菓子

七五三の千歳飴(ちとせあめ)

七五三とは

七五三とは、子供の成長を祝う行事。男の子は、三歳と五歳。女の子は、三歳と七歳のときに行います。平安時代より行われていました。江戸時代のおわりより、11月15日に定めるようになりました。

この日は吉日であり、氏神さまを秋の収穫にあわせ、山にお送りする霜月祭の日。しかし、近年は、土日にあわせて行う家庭も増えています。晴れ着を着せ、神社・氏神などに詣でます。

七五三の千歳飴(ちとせあめ)
イメージです

千歳飴(ちとせあめ)とは

この行事になくてはならない、千歳飴(ちとせあめ)。古くは、徳川家二代目将軍秀忠の時、東京浅草で発祥しました。「千年飴」「寿命糖」という名前でした。

長寿を祈る縁起もの。紅白の長い棒状の飴です。かならず、長い袋に入れられていて、松竹梅や鶴亀などのお目出度い柄が描かれています。子供の年の数を入れるとも言います。神社や和菓子屋で販売されます。

紅白のものだけではなく、近年は子供が喜ぶように、味や色もバラエティに富んだものが増えました。不二家のペコポコちゃんのものが、全国的に有名です。(色々あった不二家ですが、こういう定番人気の歴史がある。復活を心待ちにします)

現代でも一層大事な行事、七五三

七五三の千歳飴(ちとせあめ)かつては、子供の死亡率が高かったのです。そのため、七五三は、成長の節目として祝われました。

なんとか、育ってきた、育ててきた、感謝だなあ、ありがたいなあ、

という父母や祖母の喜び。それを大きく実感する儀式なのです。

近年は少子化という別の危機を迎えている日本です。一層心を込め、お子様・お孫様の健康と成長をお祈りしたいものです。

お祝いされる御家庭も多いことかと思われます。神社に詣でた帰り、お子様が嬉しそうにこの袋を持っているのを拝見しますと、こういう光景が、廃れないでいてほしいものだと思います。

こんなお菓子を食べてみた!


powerd by 楽-yah
2007年11月14日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス