[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい甘栗、河北栗のお菓子

栗の和菓子

栗

寺町通りはお金がなくても面白い!

京都の寺町通りをフラリ、フラリと いつものように、お金もないのにさまよっていると、 ゴロオ〜という焼き栗を作る機械の音と共に、 栗の焼けるいい香りが…

甘栗屋さん

京都にも、いくつか甘栗屋さんはありますが、河原町と寺町通りの交差点にある、 河北栗の専門店林万昌堂(はやしまんしょうどう)」は、京都の秋の風物詩ともいえるのではないでしょうか。 明治時代に出来たお店だそうです。 有名な「天津甘栗」は河北栗子の別称です。テンシンアマグリとちゃんと読めた人はスゴイですね。私は、テンツアマグリと、読んでいました。

六角堂で食べる栗

友人とお金を出し合って買い、 近くの六角堂まで歩いて行き、食します。 むさぼるように食べます。 鳩が欲しそうに周りに糞を撒き散らしますが、ひとつだってあげません。 ああ、ホクホク甘い、香ばしい。焼きたてはうまい。 秋になると、あの通りにまた行きたくなります。


powerd by 楽-yah
2006年10月25日


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス