[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 鳴門金時(なるときんとき) 秋お菓子

さつまいも・芋きんつばとは?

さつまいも・芋きんつば
イメージです

薩摩きんつば

秋のオヤツとして、女性好みのもの。さつまいもの芋きんつば。別名「薩摩きんつば」といい、明治以降の和菓子です。

芋きんつばとは、裏ごしした芋に寒天や砂糖などを加え、四角くきったものに、溶いた小麦粉をつけて鉄板で焼く、気軽な和菓子です。全国的に有名なものに、浅草の満願堂の「芋きん」があります。

京都の芋きんつばといえば…

さつまいも・芋きんつばとは?京都でも名物の芋きんつばがあります。

北山の公家芋(くげいも)は、ロハスな材料を使ってある、京都らしい、ほっこりした味わい。

通販でも購入できます。

寺田芋とは

さつまいも・芋きんつばとは?材料は、有名な鳴門金時(なるときんとき)を使用したものの他に、京都城陽市の寺田芋があります。寺田芋とは、江戸時代から作られてきたサツマイモ。三百年ほどの歴史があります。

宇治には、寺田芋を使った芋きんつばを販売している店があります。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年10月18日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス