亥の子餅(いのこもち)

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい ゆで小豆 冬の京都のお菓子 のお菓子

亥の子餅(いのこもち)

亥の子餅(いのこもち)
イメージです

亥猪餅(げんちょもち)の行事とは?

旧暦10月亥の日に食べるお菓子です。(亥の子祭りとしては現11月1日)

古くは、平安時代からの朝廷で、亥猪餅(げんちょもち)というお餅を使った儀式が元になっています。天皇がこの餅を食べて、その食いかけを家臣に授けるのです。と、書くと、えええ!と思いますが、大丈夫。後水尾天皇の時からは、息を吹きかけるだけになったそうですよ。

コタツを出す日に食べるお菓子

11月1日は、亥の子祭り。

茶室では、この10月亥の日に炉開きをする風習があります。

コタツを出す日に、この亥の子餅を食べると、火事にあわないと昔は思われていて、そういう意味でも、まさに冬の到来告げるお菓子として、京都の人々に親しまれていました。俳句では、冬の季語にあたるそうです。

また、農村では、猪の子沢山にあやからんと、この冬を迎える亥の日に女性がこの亥の子餅を食べたそうですよ。

おまん屋さん(おまんじゅう屋さん)で売り出される

ゆで小豆を入れたり、求肥を使ったり、黒ゴマや胡桃、干し柿を使ったり、華やかな5色の色も物があったり、様々ですが、京都のおまん屋さんでは、ゆで小豆を入れたニッキ味のものが多いようです。

猪の丸い身体のように、ちょっと先をすぼめて、楕円形に、かわいく作ってあるのがポイントです。

こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽や


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス