[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 祇園坊(ぎおんぼう) 秋のお菓子

柿・干し柿・吊るし柿の上生菓子・和菓子

柿・干し柿・吊るし柿の上生菓子・和菓子
イメージです

柿の和菓子とは

秋の上生菓子のモチーフとして、柿の形をしたものが見られます。

柿は、古代より、食されてきた日本人の根源ともいうべき果物。ほんのり優しい甘さ。砂糖が貴重品だった時代、この甘みは、大切なものでした。

干し柿の和菓子

ころ柿和菓子のルーツともいえる、柿。様々な味や形の和菓子になります。

祇園坊は、干し柿の総称ともいえるもの。

京都では、実際の干し柿を使用しているものが多いようです。干し柿の種をくりぬき、餡(あん)を入れます。漉し餡や、粒あん、白あん、柚子のあんなど。干し柿のやわらかい甘さは、餡とあいます。

柿羊羹(かきようかん)

柿木練柿(こなりがき)とは、木になったまま、熟して甘くなった柿のこと。柿の濃く色づいたさまが、求肥や「こなし」で作られます。

羊羹(ようかん)とも、相性がよく、柿羊羹(かきようかん)も、秋の風味。味わい豊かな柿羊羹は、上生菓子や棹菓子にもなります。

このように様々な形で、柿は、秋の和菓子に登場するのです。

京都西山かいわいは、「柿街道」と呼ばれるほどの柿の産地。晩秋には朱色でうまります。ぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年10月18日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス