[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 栗栗おこわ 丹波栗 のお菓子

栗おこわ・栗赤飯(せきはん)

栗おこわ・栗赤飯(せきはん)
イメージです

栗おこわとは?

「栗おこわ」は、栗の入った赤飯。お祝いに使われることも多いです。ふっくらと炊かれたモチモチ赤飯。ほっこり大きな栗がゴロゴロ。丹波栗なんぞ、入っていたら、たまりませんよね。

秋になると京都では和菓子屋さんの店頭に当たり前のようにならびます。

しかし、この栗おこわ、なんで、和菓子屋さんで売っているの?

なぜ、和菓子屋で、栗おこわが売っているのか?

おこわは、食事である「ごはん」。「和菓子」ではありませんよね?百貨店にも栗おこわのコーナーは、和菓子ブースに作られており、客が殺到しています。

和菓子屋さんの栗おこわは、数段味が上だといいます。

なぜなら、和菓子屋さんは、もち米や栗のあつかいについて、抜群に長けているのです。良い団子やお餅を作る店は、当然ながら、おこわも美味しくたけます。

重陽の節句(ちょうようのせっく)とは

旧暦9月9日は、重陽の節句(ちょうようのせっく)といいます。

別名、「栗の節句」「菊の節句」ともいいます。宮廷では無病息災を祝いましたが、庶民の間では、秋の収穫を祝うものとして定着しました。江戸時代には、栗ご飯を食べて、菊のお酒を飲むという風習がはじまりました。

現在、新暦の9月は、栗も菊も旬ではありません。実際は、10月上旬にあたり、この時期こそ、栗のおこわが食べごろです。


powerd by 楽-yah
2007年10月15日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス