[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 栗羊羹(くりようかん) 栗のお菓子

栗羊羹(くりようかん)

栗蒸し羊羹
イメージです

秋のスイーツ 栗羊羹(くりようかん)

京菓子のみならず、秋の和菓子の味覚として、 定番なのが、栗羊羹(くりようかん)

栗羊羹でも、「練り」と「蒸し」があるようです。

昨日、店員さんとお話していたところ、 蒸しているのが、生菓子に近く、柔らかい味わい。 練っているのは、強度が強く、蒸しているのより、やや、日持ちがする。 羊羹は、成分や小豆や、粉により、また、味わいが変わってくる、そこが、面白い、との事でした。

「蒸し羊羹」と「練り羊羹」の違い

栗羊羹練りと蒸し、どちらが美味しいのか。

栗のほっこりとした味わいを生かすため、 優しい風味で、栗に勝たない、蒸し羊羹が合うように思います。

しかし、練りの強烈な羊羹小豆の風味を好む人も。日持ちがするので、ギフトには練りが人気です。

羊羹の透明感のある表面に ぎっしり、入った栗が透けて見えるのが、たまりませんよね。

竹の皮で包まれた栗羊羹

京都の栗羊羹には、竹の皮で包んでいるものがあります。普通の箱状ではなく、平べったい、カタチにまとめてあるものがあります。

竹で包んでいる栗羊羹は、風雅でいて、野趣に溢れた包装。かぶりつきたくなるような印象を与えます。

甘栗の栗羊羹

甘栗羊羹また、中京区の林万昌堂(はやしまんしょうどう) の栗羊羹は、一風変わっています。

普通の羊羹が、栗の甘露煮を使用するのにたいし、 このお店では、全て、甘栗を使用しています。ふわふわした食感に、強烈な甘栗の味わい。口に入れると、栗のツブツブ感があります。上品な甘さですが、甘栗の風味が存分に生かされています。(2007年9月、この甘栗の羊羹は、林万昌堂(はやしまんしょうどう) さんではとりやめになりました。似た傾向の商品の企画が今、されているそうです。残念!)

いずれも、京都の栗羊羹は、季節と歴史を感じるのにぴったりです。


powerd by 楽-yah
2006年11月記/補足・修整2007年9月5日


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス