[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 白味噌 大徳寺納豆 のお菓子

秋の主菓子のカステラ風「松風(まつかぜ)」

まつかぜ
イメージです

味噌入りカステラ?!

この京都の定番の「松風」というお菓子。お茶席では、秋の主菓子ですが、 年中いただけます。

一見カステラなんですが、 歴史はとても古い、大徳寺や、茶の湯とも縁の深い、上等な和菓子。司馬遼太郎の「燃えよ剣」という小説の中に登場するこの御菓子、こんなカタチをしてたのか〜!と合点がいった方もおられるのでは?

なんと、白味噌が入っているんです。 味もカステラとは違い、ムッチリした独特の美味しさがあります。

松風はどこから来た?!

松風の名前は、表よりも裏の焼き色が薄いので、謡(うたい)の『松風』の 「浦寂し」「裏寂し」をかけたものなんです。風情がありますね〜。

時は、戦国、京都の和菓子屋さんの当主が、合戦の際、兵糧の代わりに創案したのだとか。

岐阜にも同じ名前のお菓子があり、どちらの起源かは、実は、はっきりしていません。 岐阜だ!京都だ!と二つの説に分かれているんです。このサイトでは京都の美味しい松風を紹介いたします。京都の老舗には、「松風」を代表銘菓とするお店がいくつかあり、それぞれ、歴史と個性があります。

元祖の「松風」

亀屋陸奥 松風(まつかぜ)本願寺の御用達の京都の老舗の作る「松風」が、まず、元祖として挙げられるでしょう。

現在の松風は、小麦粉に粗糖、麦芽、白味噌を練りこみ、発酵させて、焼きます。

大きな円形の鍋で丸く焼き上げ、後、短冊に切ります。むっちりとして、粘りがあり、 こしが強く、独特の甘みが広がります。

大徳寺近くのお店の「松風」

また、大徳寺御用達のお店が作る「松風」も、定評があります。なんと、大徳寺納豆が入っています。白ゴマと味噌の香りが高く、納豆のの塩味が甘みを引き立てています。なんと、このお店、この松風の切り落としを集めた裏メニューがあるそうです。香ばしい端っこを集めたお菓子は大人気で、すぐ売り切れてしまうんだとか。

一子相伝の「松風」

松屋常盤(まつやときわ) 味噌松風(みそまつかぜ)また、中京区の古い老舗、一子相伝のお店があります。

そこの代表銘菓の「松風」は西京味噌を使い、黒ゴマを散らしています。

抑えた甘さと西京味噌の香りが特徴で、モチモチと柔らかい味わいです。

松風色々

地方によって、煎餅風、羊羹風、と色々な松風があるようです。九州地方の松風は、煎餅風だともいいます。京都はカステラ風が主流です。


こんなお菓子を食べてみた!

2006年11月記
powerd by 楽-yah
補足・修正 2007年6月7日


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス