[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都名物 大福の起源 のお菓子

豆大福(まめだいふく)・豆餅(まめもち)とは

豆大福(まめだいふく)・豆餅(まめもち)とは
イメージです

冬に女子の好きなもの

餅に赤エンドウの豆が入っている、豆大福(まめだいふく)。京都をはじめ、関西では、豆餅(まめもち)ともいいます。

餅のボリュームと、豆の歯ごたえ、ほどよく効いた塩味としっとりアンコ。年中いただけます。が、冬の寒い日など、ほんのり温かい豆大福は人気です。

豆大福の起源

豆大福は、どこから来たのでしょうか。それは、大福(だいふく)の起源とも重なります。

江戸時代なかごろ、大福は、アンコではなく、ゆで小豆をくるんだものでした。「おた福餅」といい、江戸の小石川で売られていたのです。それが、後に、誰もが知るアンコ入りの”大福餅(だいふくもち)”となったのです。

豆大福は、大福の原点ともいえる餅と豆の組み合わせ。日本人なら誰もが愛さずにはいられない、素朴な美味しさです。

京都 出町の豆餅(まめもち)

京都では、「出町ふたば」というお店の豆餅が有名。全国的にも大人気で、これを食べに京都にわざわざ来る人も少なくないとか。通常の豆餅では考えられないほどの、どっさり入った大粒の豆。新鮮でよく伸びる餅。

行列必須です。お覚悟を。

こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年12月12日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス