[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 正月の京都 京都の風習 のお菓子

大福茶(おおぶくちゃ)(だいふくちゃ)とは?

大福茶(おおぶくちゃ)(だいふくちゃ)とは?
イメージです

昆布と梅干

京都では、お正月、昆布と梅干が入ったお茶を飲みます。これを、大福茶(おおぶくちゃ)といいます。福梅と結び昆布に煎茶をそそいでいただきます。新年の喜びと息災を願っていただく、お祝いの縁起ものです。

大福茶(だいふくちゃ)と読むと、これは、違うもので、お茶席でいただくものとして解釈されます。

はじまりは、千年昔

起源は、1050年ほど昔。京都に疫病が流行したとき、空也上人が薬茶として庶民にふるまったものです。

村上天皇も服したもので、皇服茶・王服茶といいます。庶民にも”福”を、ということで、現在の、「大福茶(おおぶくちゃ)」という名前がつきました。

お正月に北野天満宮(きたのてんまんぐう)や、空也像のある六波羅蜜寺(ろくはらみつでら)で、参拝者にふるまわれます。

京都の”しぶちん”な接客

宇治茶のお店で、大福茶について、店員さんと、お話しました。すると

店員のおっさん「まあ、寺でももらえるけど、みんな、自分の家でするわな。京都人には、正月、なくてはならへんもんや。煎茶じゃなくても玄米茶とかでも飲むで。単に、茶に梅干と昆布入れたら出来上がりや」

ワタクシ「それって美味しいんですか?」

店員のおっさん「…あ〜。茶に昆布と梅入れたかて、変なだけで、美味しくもなんともないで。普通に煎茶入れてるほうが、よっぽど美味しいで。やめとき、やめとき。」

ワタクシ「そうですか…」

なんとも商売っけのない(苦笑)…。店頭にある、大福茶の包みは、金の包装で、誠に豪華。値段もけっこうします。大福茶について、わざわざ聞いている私に何故、売ろうとしないのか。大阪では、何がなんでも売りつけようとする店が多いですが。

これは、私が嫌われてるからではなく(ホントか?)、京都では、こんな感じで、商売しはるところが多いですね。”しぶちん”(倹約・節約。ケチともいう)がモットーの京都。本当に必要なものを買って、それを大事にする、という風潮があります。衝動買いで喜んでもらえないような売り方はしない。大事にしてもらえる、いいものを売りたい、と思っているわけです。

先日、水引きを買いにいってもそうでした。高いのは一杯あるのに、こちらの用途にベストにあうものを真剣に選んでくれ(安いの)。いたれりつくせりの接客で、嬉しくなり、風呂敷も買おうとしたら、

高いし、無駄になります。やめときなはれ

と言われてしまいました。

大福茶、飲んだら、また、レビューします。

powerd by 楽-yah
2007年12月12日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス