[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 年末年始の京菓子 和菓子のお重 のお菓子

おせち和菓子

おせちの お重が和菓子?

おせち和菓子「おせち料理」とは、お正月や節句などで頂くお料理。

お重に入っています。「ごまめ」や「数の子」など、おめでたい云われのある料理です。

和菓子にもこのようなお重に入ったものがあります。

虎屋(とらや)の「百味菓子(ひゃくみがし)」が有名。宮廷に納めた菓子は、五段重ねのお重。なんと百種類もの菓子が入ってたんだそうです。

迎春の和菓子

おせち和菓子お正月のお重には、初春にふさわしい、菓銘(かめい)のお菓子が。

はなびら餅、紅白の梅、福寿草、お題菓子、松竹梅や日の出、雪をモチーフにしたもの。重箱に色とりどりの上生菓子がどっさり。見ているだけで幸せな気分になります。

「おせち料理」を和菓子で本物そっくりに作った工芸菓子のお重もあるんですって。一度は食べてみたいですね。高野屋貞広(たかのやさだひろ)というお店で、冬になると発売されます。

美しい和菓子のお重で、おもてなし

おせち料理の後、家族や親戚で、和菓子をいただくのは格別なもの。

突然の来客のために、上生菓子を買っておく家庭も多いようです。

美しいお重に入れておきましょう。通販では冷凍のものも多いので、調節もききそうです。

お正月の上生菓子は、各店で作られています。冬が近くなると各ショップや老舗で、美しい迎春上生菓子がお目みえします。包装や箱にも華やかな工夫がこらされます。

甘春堂(かんしゅんどう)のものは、名前も「おせち菓子」といい、お重に入れられて販売されています。菓子銘(かしめい)が詳細なショップもおすすめ。話題性があり、おめでたい席をもりあげてくれます。

こんなお菓子を食べてみた!

<
powerd by 楽-yah

2007年10月20日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス