[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 平安時代のお菓子 道明寺 のお菓子

椿餅(つばきもち)・椿饅頭(つばきまんじゅう)とは?

京都の和菓子☆ドットコム
イメージです

早春のお菓子

まだ、雪の残る2月。寒さの中にリンと咲く美しい椿。京都では、この椿餅(つばきもち)が早春に見られます。タワラの形の道明寺(どうみょうじ)餅が椿の葉に挟まれているのが特徴です。

お店によって、餅が美しいピンクに染められていたりもします。餡子が中に入っていたり、いなかったり様々です。ちなみに、桜餅と違い、葉は食べられません。桜餅ほど、香りもしないので、風情や、歴史を楽しむ、といった感じでしょうか。

源氏物語にも登場!

この椿餅(つばきもち)は、かの紫式部の大河恋愛小説(?)「源氏物語」にも登場したという古い歴史を持つもの。源氏物語の「若菜の巻」にこの名が登場します。「つばいもちひ」と、記述されています。

日本最古の餅菓子

椿餅は、桜餅や柏餅よりも早い平安時代に登場していて、日本最古の餅菓子ともいわれています。道明寺が普及したのは江戸時代からなので、平安時代には、椿の葉を挟んだだけの素朴なものだったと考えられます。光源氏もこんな、キレイな餅が現在は作られているのを見たら、うらやましがるのではないでしょうか。

椿餅は、生菓子なので、なかなか、通販では手に入りくいようです。お近くの和菓子屋さんにもあるかもしれません。

食べたら、気分は平安貴族?


こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2007年2月6日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス