[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 求肥(ぎゅうひ) 青大豆黄奈粉 のお菓子

鶯餅・うぐいす餅(うぐいすもち)とは?

京都の和菓子☆ドットコム
イメージです

春が来たかも?の季節の和菓子

ウグイスは春告げ鳥ともいわれています。ちょうど、梅の咲きはじめる頃、「ホ〜ホケキョ」というカワイイ声を聞くと、嬉しくなってしまいますね。

この鶯餅(うぐいすもち)は、冬の終わりに見られる、早春の葉のような、美しい緑色のお餅です。

うぐいす色のかわいいお菓子

この鶯餅は、求肥(ぎゅうひ)のお餅を鳥の形のように、端を少しすぼめた形にしてあります。

中にはアンコが入っています。
青大豆黄奈粉という、青えんどう豆を挽いた粉から作られた黄な粉を使ってあります。うすいグリーンの黄な粉をお餅全体にまぶして、鶯色にします。お餅自体を緑色にしているお店もあります。

奈良県の和菓子屋さんから発祥?

今や鶯餅は全国で作られてますが、鶯餅の誕生の由来のひとつに、奈良の老舗「本家菊屋」というお店に逸話があります。

天正の頃、あの、秀吉の片腕として有名な弟、豊臣秀長。彼が大和郡山の城主だったころの事です。兄である豊臣秀吉を招いた茶会で、菊屋の初代が献上した、お菓子がおいしかった。秀吉は大層喜んで、その餅を「鶯餅」と命名したとのこと。このお菓子は、粒餡を餅で包み、黄な粉をまぶした物でした。

やはり、ここでも秀吉登場。秀吉は日本の和菓子のキーマンともいえますね。

おまん屋さんなどの和菓子屋さんで

1月の終わりから、2月の初めにかけて、おまん屋さんなどの、和菓子屋さんで、購入することができます。また、百貨店の生菓子コーナーでも置いてあることが多いので比較的、身近にある、春先の和菓子です。お茶と一緒に、春の声に耳をすませながらいただきたいですね。


powerd by 楽-yah
2007年2月6日


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス