[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 義理チョコ 和のバレンタイン・ホワイトデー のお菓子

バレンタイン・ホワイトデーのチョコレート饅頭(まんじゅう)

バレンタイン・ホワイトデーのチョコレート饅頭(まんじゅう)
イメージです

チョコレートまんじゅうとは?

バレンタインに限らず、時々みかける最近の和菓子。チョコまんじゅう、というものがあります。文字どおり、チョコレートを使った饅頭(まんじゅう)や餅(もち)のこと。

ボリュームがあります。チョコ好きの若い世代を中心に根付いています。

いろんなバリエーション

小倉あんとチョコレートのブレンド。チョコ風味の饅頭皮。求肥(ぎゅうひ)にチョコが練りこんであるもの。大福餅のチョコレートクリーム入りというのもこの部類に入るかもしれません。

皮部分も、カステラ・パンに近い生地だったりするものがあります。こうなると、洋菓子のチョコレートケーキが丸いだけではないかと突っ込みたくなります。

本気度の高いものも増えている

とはいえ、キワモノばかりとは限りません。

チョコレートの質にこだわっているもの。ベルギーやクーベルチュール使用のものも珍しくなくなりました。老舗和菓子店が本気で取り組んだ完成度の高いものもあります。和風のチョコレートトリュフも登場しています。

義理チョコから本気まで、用途によってさまざま選べそうなジャンルです。

あくまで、和菓子、というチョコ饅頭。バレンタインの台風の目になりそうです。

こんなお菓子を食べてみた!

powerd by 楽-yah
2008年1月29日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス