[分かりやすい商品名]

「京都の和菓子☆ドットコム」に お越しいただきありがとうございます。 こちらは乙女ゴコロにキュンとくる京菓子案内のサイトです。京都の和菓子の歴史と魅力の記事が満載。和菓子用語集もあります。有名店のお菓子を40代女性管理人が試食し、リアル&シビアにレビューレポート。ネットショップの和菓子・スイーツのお取り寄せ情報も御紹介しています。


レビュー京都の包装へのリンク
◆阿闍梨餅(あじゃりもち)・末富(すえとみ) 高島屋(たかしまや)タカシマヤ ネットショップ  ◆老松など老舗ブランド多し <大丸>デパ地下人気スイーツ ◆このモールはやはり買いやすい 楽天市場 京都 その他 お中元・お歳暮・ギフトにおすすめの京菓子を売っている百貨店サイト一覧はこちらへ

京都の美味しい 京都の桜の名所 すはま のお菓子

京都の花見団子(はなみだんご)

花見団子
イメージです

花より団子!

京都の八坂神社に醍醐寺に平野神社…。桜の時期には、京都の名桜を見に行きたいですね。しかし、「花より団子」というではありませんか。美味しい花見団子も見逃せません。さて、この花見団子、日本人はいつから食べ始めたのでしょうか?諸説ありますが、実は、この花見をしながら菓子を食べる風習の謎は京都の歴史を紐解くと、答えが見つかりそうです。

花見のはじまりは…

日本人は、元々、桜の花の咲く具合で、稲作の吉凶を占ったり、桜との関係は密接なものでした。が、「花見」という行事が行われたのは、弘仁3年(812年)に嵯峨天皇が御所で催した「花の宴」であるといわれています。以来、平安貴族は桜の花の下で宴会をするようになったのだとか。

花の下で菓子を食べる歴史のはじまり

しかし、桜の下で菓子を食べる風潮が庶民に浸透していくきっかけになったのは、豊臣秀吉の行った花見でした。慶長3年(1598)、京都醍醐で行われた花見で諸国より、珍品や菓子が集められました。そこから、「花より団子」の風習がはじまったようです。

先述した、長五郎餅といい、太閤殿下のなされた花見は和菓子の発展に非常に貢献していますね!

三色団子の意味

この花を愛でながら菓子を食べる風習は、江戸時代には、庶民に浸透していました。また、それと共に、おなじみの、定番の赤と緑と白の三色団子もこの頃登場しているようです。

この三色の意味は、赤と白が紅白の縁起物、草色は、緑が邪気を払う、という意味だそうです。しかし、正確に、いつごろからこの三色が定着したのか分かる老舗はないようで、「とりあえず、花見は三色団子」という事になっているんですって(笑)

京都の色々な花見団子

京都の花見団子は「おまん屋」さんのスタンダードなものから、州浜(すはま)で出来たお団子など、かわいらしいものもあります。やはり、「花より団子」ですね♪


powerd by 楽-yah
2007年1月10日記


▼広告



検索

更新情報など

リンクについて

管理人

■広告

▽管理人の描いた
京都の和菓子漫画です


Supported by 楽天ウェブサービス